スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアのやさしさ、盛岡市鉈屋町、fulalafu 生豆と焙煎:「トラジャ ランテカルア」。

IMGP9305.jpg


お店の中に入りますと
正面には生豆のコーヒー豆が
木のケースに入れられて
数段あるショーケースに並べられています。
それぞれのコーヒー豆には
名前が書かれた札がついています。
焙煎される前の薄茶色の静かな姿。
焙煎されるのを待っています。


ショーケースのガラスぎりぎりまで
顔を近づけて、
コーヒー豆の名前と
説明書きを目で追って、
値段も見ながら
どれにしようか、
顔を移動させていきます。
南米の豆、中米の豆、
東南アジアに
中国やインドの豆、
アフリカの豆。


まだ飲んでいないものを選びたいと思いますし、
今の気分を優勢したいと思います。


奥の工房では
豆を焙煎する音が常に聞こえてきます。
店主は焙煎に気を配りつつ、
タイミングを見て、
こちらにやってきて、
注文を聞きます。


はっきりと気持ちは
決まっていませんでしたけれど、
注文を聞かれたときに
トラジャと答えていました。


まだ飲んだことはなく、
ほかの豆よりも値段の高いトラジャ。
ほかのお店でも
トラジャは値段が高く、
手を出しずらかったのですが、
飲んでみることにしたのです。


ちょっと、ほかのコーヒー豆とは
別世界にいるような
扱われ方をするコーヒー豆。


知識がまたったくないので、
その豆がマンデリンと同じ
インドネシア出身なんてことも
知りませんでした。


注文をして、
奥のローテーブルと
ソファーがあるスペースに向かい、
荷物を置いて、
雑誌を何冊か取ると、
読み始めます。


テーブルは
木製の板に足は金属の組み合わせで、
長方形の形をしておりますが、
ちょうど足を置くところが
内側にカーブをしておりました。


後からおばちゃんたちがやってきて
コーヒー豆を注文すると、
別の椅子に座って
会話をします。


続いてサラリーマンらしき人がやってきて
焙煎済みのコーヒー豆を買っていきます。


焙煎を待っているときは
コーヒーを出してくれます。
この日は
中国・雲南の豆でした。
これも飲んだことのない種類でした。
バランスのとれた
さっぱりとした印象の
飲みやすいコーヒーです。
個性は強くありませんので
朝に飲むのもいいかもしれませんし、
シンプルなものが飲みたいときも
いいかもしれません。




次の日、
購入してきたトラジャの袋を開けて
豆をデジタルスケールではかり、
電動のミルで挽き、
お湯を沸かしつつ、
ペーパーフィルターの端を折って
ドリッパーの上に置き、
挽いた豆をフィルターの中に入れて、
粉を平らにしたら
中央にくぼみをつけて、
「コピルアク」とつぶやき、
お湯が沸くのをまって、
沸いたら細口ポットと
マグカップに注ぎ入れ、
時間を置いてから、
マグカップのお湯を捨て、
ドリッパーをマグカップの上に置き、
全体を湿らせて、
ちょっと粉がモクモクと膨らんで
時計の秒針を気にしながら少し待ち、
時間がたったら、
お湯をモクモクの中央から
やさしくゆっくりと置いてき、
ドリッパーのお湯具合を見て、
やめて、
頃合いを見て、お湯をやさしく置き、
回数を増やすごとに、
置くから注ぐに変わっていって、
マグカップの様子を気にしながら
よさそうなところでやめて、
ドリッパーは流し台の中へいき、
マグカップをスプーンで軽くまぜて
スプーンは流し台の中へいき、
マグカップを鼻に近づけて
上ってくるかおりを確かめて、
そっと唇をマグカップの縁に当て、
マグカップを傾けました。


ずいぶんとやさしいのですね。


そう思いながらマグカップの中をのぞき、
またすこし飲んで、
マグカップを陶器製のコースターに置きました。


淹れ方が失敗したのかもしれません。
次の日は濃いめに入れてみたのですが、
そんなに濃くはならなかったのです。
コーヒーがそうさせたのでしょうか。


焙煎してからの時間の経過で
味が変化していくことを忘れていました。
その影響もあるのでしょうか。
焙煎後、1、2日経過と
1週間経過では違ってきます。


けれど、
このコーヒーは
ずいぶんと整った体系の持ち主で
味がきれいにまとまっているだけでなく、
それぞれの個性が
丸みをおびているように感じたのです。
後味もさわやかです。
この整ったコーヒーは
コーヒーにこだわりを持たない人が飲んだなら、
普通においしいコーヒー、
となるかもしれません。
でも、それは最高の褒め言葉のひとつだと思います。


ごちそうさまでした。



インドネシア トラジャ ランテカルア



~6/2【モリブロ開催中限定販売】
賢治ブレンド



fulalafu 生豆と焙煎
盛岡市鉈屋町15-8-101
019-681-7917
10:00-19:00
定休日:水
http://www.bizserver1.com/fulalafu/index.html



モリブロ2013
http://moriburo2013.web.fc2.com/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。