スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかりの素足の中のチョコ、盛岡市紺屋町、Due Mani(ドゥエマーニ)【モリブロ2013】。

IMGP9339.jpg


5月上旬。
もりおかで
ブックイベント「モリブロ」が始まって
街かどイベントも
それぞれのお店で始まっています。


モリブロとは、
本のイベントで
本を通して、
もりおかという場所で
様々な物や人が出会うイベントです。


街かどイベントは
モリブロの中のひとつで、
それぞれの
喫茶店、カフェ、レストラン、
バー、お菓子屋、コーヒー屋、
雑貨屋、家具屋、本屋、
美容室、デパート、ギャラリー、
美術館、花屋などなど
様々なお店45店が
本にまつわるイベントを開催しています。


モリブロ開催期間が
約1カ月と長く、
街かどイベントは
お店にもよりますけれど、
6月1日、2日あたりまで行われます。


5月はモリブロ。
そうしますと、
この期間はモリブロ関連のお店にいこう、
ということになります。


この日は
イタリア料理 Due Mani(ドゥエマーニ)さん
に向かいました。
ランチを注文しますと
『ひかりの素足の中』のチョコレートが
食後についてきます。


宮沢賢治『ひかりの素足』
という物語の中にチョコレートが出てきます。
そのチョコレートの味は
物語ではこう書かれています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは一寸嘗めたとき
からだ中すうっと涼しくなりました。
舌のさきで青い蛍のような色や
橙いろの火やら
きれいな花の図案になって
チラチラ見えるのでした。
たべてしまったとき
からだがピンとなりました。
しばらくたって
からだ中から何とも云えない
いい匂がぼうっと立つのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


青い蛍、橙いろの火、きれいな花の図案。
そんなチョコレートがあるらしいのです。
開店時間の12時にお店の扉をそっと開けました。


店員さんに案内されて、
入口近く、右上を見上げると
四角い窓があるテーブル席に座ります。


メニューを渡され、見ます。
前回このお店に訪れたときは
ランチの種類にワンプレートランチというものは
なかったのですが、
ランチメニューを増やしたようで
通常のランチよりも値段を下げ、
より手軽に楽しめる料理を用意したようです。


ワンプレートランチにしようと思いましたが、
これでは少々足りないような気がしたのです。
けれど、Aランチの
リゾットメインのランチにしますと
ワンプレートランチについてくるものが
楽しめないようなので、迷います。


すると、メニューに
リゾットだけ追加できるようなことが
記載されておりましたので、
ワンプレートランチに
リゾットを追加して注文しました。


ワンプレートランチは
短角牛のレバームース、
イタリアのチーズでリッチョロ、
スープ。
パンが2種類。
これに追加注文の
新玉ねぎと梅山豚のリゾットです。


このお店はこじんまりとした空間です。
席は少ないので満席になることが多いお店ですので、
早めに来てみたのです。


隠れ家的といいますか、
こっそりと時間をすごしたい空間。
おもむくままに
マイペースにすごせる場所です。


ワンプレートはすぐにやってきました。
フォカッチャと全粒粉のパンといっしょに食べます。
フォカッチャはローズマリーの入ったもので
前回食べた時よりもローズマリーは落ち着いていました。


レストランで出てくる自家製パンは
パン屋さんのパンとはどこか違っています。
しっかりとしたパンによく出会います。


料理の脇役でなく
それだけでしっかりと自立している食べ物として
出てきます。


パンそれだけでも
モリモリと食べられるのですが、
せっかくレバーのムースとか
チーズがついておりますので
パンにつけて食べます。


レバーのムースはレバー特有の
レバーとわかる味ですけれど、
クセは強くなく、食べやすいと感じます。
クセといいますか、
レバーそのものの味はなめらかに
角がとれて丸くなったような、
けれど、レバーを食べている感が
なくなったわけでもなく。


そのレバーをパンにつけて食べます。
ときどき、レバーをお休みして
チーズといっしょにパンを食べます。


コクのあるチーズで
外側のかためのところと
内側のやわらかくなったところと
変化の楽しめるチーズです。
レバームースとチーズをかわるがわる食べて、
パンもおかわりします。


パンとワンプレートを食べ終わりますと、
リゾットです。
玄米をつかったもので、
今が旬の甘い新玉ねぎと
細かくなった豚が入っているようです。


トロッとしたリゾットに
玄米のちょっとかための食感。
新玉ねぎはやわらかくも
ほどよく食感を残しておりました。
スプーンで少しずつすくって
口に運び、よく噛んで味わいます。


食後はカモミールティーを
少しずつ飲んでまったりします。


それといっしょに
『ひかりの素足の中』のチョコレート
が登場いたします。
運ばれてきたチョコレートは
スプーンの上にありました。
ワンスプーンチョコレートです。


スプーンの上に
やわらかそうなチョコレートと
スプーンの柄側のところに
果実っぽいような
南国の色のようなジャムらしきものが
のっています。
「橙いろの火やらきれいな花の図案」
の部分がたぶんこのあたりなのだと思います。


かおりをちょっと確認して
ちょっと先を舐めてみますと、
「からだ中すうっと涼しくなりました。
舌のさきで青い蛍のような色」
の部分だとわかりました。
確かに青い蛍が舌の先から
やってくるのがわかります。


チョコレートは
食べ進めると変化していきます。
おもしろいチョコレートです。


賢治さんの世界は
このスプーンの上に
つながっておりました。


ごちそうさまでした。



Due Mani関連ブログ

  • 『Holz日記。』Due Mani ドゥエ マーニ OPEN !!
  • 『一食入魂まにあ』ドゥエマーニ
  • 『ぐるっと千葉スタッフblog』盛岡・モリブロ(1)「レオナルド・ダ・ヴィンチの食卓」〜イタリア料理「Studio Due Mani」のラヴィオリランチ!満腹必至の紺屋町めぐりが始まった!!


  • イタリア料理 Due Mani(ドゥエマーニ)
    盛岡市紺屋町7-16
    019-681-7520
    12:00~14:00(L.O.)(昼お休み:月・火・土)
    18:00~21:00(L.O.)(夜お休み:月)
    http://duemani.main.jp/



    モリブロ2013
    http://moriburo2013.web.fc2.com/



    グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

    検索フォーム
    カテゴリリスト

    各アイコンの説明。

    カテゴリオープン
    カテゴリクローズ
    個別カテゴリ
    全カテゴリオープン
    全カテゴリクローズ

    • plus
    • minus
    プロフィール

    ウシポニ

    Author:ウシポニ

    岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

    お知らせ、メモなど
    • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
    最新記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。