スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな年があってもいいと思います、盛岡市内丸、岩手公園の桜(2013)。

IMGP9518.jpg


5月4日(土)
岩手公園の桜は
鳥っこに花芽を食べられたらしい、
ということは聞いていたけれど、
これほど、さびしい
岩手公園の桜は
はじめてでした。


けれど、
それでも、
残った花たちは
咲いていました。


岩手公園のメインである南側の
桜並木を歩きますと、
この日は雨が降り、
気温も低いこともあって、
あずまやの屋根の下、
みんなが集まって
お弁当などを食べている人たちがいるだけで
桜の下で座る人はおらず、
あとは、みんな歩いて見ていて、
事情をしらない観光の人たちは、
咲き終わったのか、
こういうものなのか、と誤解したまま、
その場をあとにしていきます。


満開になる桜たちを
上から見ると
下の道が見えなくなるほどで
眼下に桜が広がり、
遠くには南昌山があって、
青空が広がる景色。
底が淡いピンクで
埋め尽くされている風景というのは
よいものです。


来年を期待しつつ、
岩手公園を歩きます。


IMGP9517.jpg


岩手公園には様々な木があります。


ひっそりと咲く
シダレウメ。


IMGP9516.jpg


自由奔放に枝をのばすカヤ。


IMGP9511.jpg


石垣、という
特有の環境がこうさせたのだと思いますけれど、
岩手公園の中では
個性が強いです。


IMGP9509.jpg


岩手公園の主。
中央にドーンと根を張り、
枝を伸ばすけやき。


いろいろな木が
岩手公園の石垣に住んでいます。


IMGP9508.jpg


岩手公園の中でも
先輩の桜が集まるところがあります。


IMGP9507.jpg


みんな、石垣の外に向けて
花を咲かせます。
幹や枝がどれも熟練の域です。
ごつごつとした表情の肌です。


IMGP9505.jpg


グイッと枝をしたにのばし、
岩手公園のシンボルの石垣に
春を添えます。


IMGP9499.jpg


中央にある
主役のこの木は
中が空洞化しています。


それでも花を咲かせます。
毎年、花を咲かせます。
ずっと、咲いてきた桜。
今は、支えなしでは
維持できないのかもしれません。


今まで枝を伸ばし、
咲き続けていたから
枝を支えたり、
人が入らないような
ロープで保護をしたり
しているのだと思います。


今年の岩手公園は
あまり桜の花を見ることはできませんでしたが、
そんな年があってもいいと思います。



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。