スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルゲの人生です、ゲオ(レンタル)、「おじいさんと草原の小学校」。

IMGP9213.jpg


『解説』
世界最高齢の小学生として
ギネス記録を持つキマニ・マルゲの
実話を映画化した人間ドラマ。
政府の教育政策により、
84歳にして小学校に入学した
彼の勉強に懸ける情熱や
幼い級友たちとの交流を、
ケニア独立戦争の戦士として
戦った過去を交えて描く。
(出典:Yahoo!映画 映画トップ >
おじいさんと草原の小学校 > 解説・あらすじ


マルゲは小学校に入学しようと
毎日、小学校に向かいます。
国民は無料で授業を受けられることになったからです。
けれど、追い返されます。
小学校は子どもの学び場であるからです。
子どものための場所だからです。


国民の証拠を持って行っても追い返されます。
強く反発することなくマルゲは帰っていきます。


次の日、また来ます。
永い道のりを歩いて小学校に来ます。
けれど、追い返されます。


小学校に入るためには服が必要、と言われれば、
買ってきて、その服を着て小学校の前に立ちます。
追い返されます。


マルゲには学びたい理由がありました。


政府から届いた手紙を自分で読みたいためです。
その手紙は、過去の自分そのものです。


ケニア独立戦争。
ケニアはかつてイギリスの植民地だったのです。
独立しようと戦いました。
けれど、捕まり収容所に入れられます。
その後、ケニアは独立し、
マルゲも解放されるわけです。
そのケニア政府から来た手紙。
何が書いてあるか自分で確かめたいのです。


マルゲは小学校に入学をゆるされ、
数字の1、2、3から、
文字のA、B、Cから学び始めます。


何度も追い返されても、
反発することなく、
毎日、やってくるマルゲの姿を見ていると、
ガンジーの非暴力を思い出してしまいます。
あきらめない姿がすごいです。
それほど、強い理由があるのです。


アフリカを題材にした映画を観ていると、
必ずといっていいほど、部族の対立が出てきます。
この映画にもそれはでてきます。
マルゲの部族は最後まで自由を求めて戦い、
多くの仲間を失いました。
捕まった人々もひどい仕打ちを受けています。
そういった過去があるので、
マルゲは部族の誇りを持つとともに、
つらさ、悲しみ、もいっしょに
トラウマをいっしょに持っています。


そういった過去が垣間見えながらも
楽しそうに子どもたちといっしょに学んでいき、
友情が芽生えていくところがよいです。
人生一つ分歳が離れているけれど、
そこに生まれる独特の友情。
人生の大先輩ではあるけれど、
勉強に関しては子どもたちのほうが上だったりして。


84歳の小学生とか、
ギネス記録とか、
そういった物珍しさに目がいきますが、
観ていると、見守りたくなる映画です。
マルゲが小学校に入ることで
マルゲの存在を
利用しようとする者もいれば、
存在が気に食わないと思う者もいるし、
過去のこと、部族のことが絡まって、
様々なトラブルが出てきます。


興味のあるかたは
静かに観てあげてください。
マルゲの人生。


(マルゲは2009年に卒業を前にして胃癌で亡くなられたそうです。)



映画『おじいさんと草原の小学校』予告編(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=CtARNK2JQz0



キマニ・マルゲ(ウィキペディア)
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。