スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のブラジル、盛岡市菜園(cubuⅡ)、HATAYAdemi(機屋):ブラジル。

IMGP9225.jpg


春のブラジル。
春は香り高きコーヒーをまず飲みたいと思っています。
ブラジルは香りのよいコーヒーです。
菜園をぶらりと歩いているときに
コーヒー豆を買おうと思い
HATAYA demiでブラジル100gを買いました。


家でコーヒーを淹れていないせいか、
コーヒーを淹れかたがヘタになったようです。
コーヒーに対する愛情が薄れている部分が
淹れ方に現れているようで
あんなにも真剣に向き合っていたコーヒーなのに、と
ちょっと残念な気持ちになります。


何回か飲んでいる
ブラジルの味の記憶。
1年前の記憶を思い出しながら
淹れたコーヒーを飲みます。


かおり。
かおりです。
ブラジルといったらかおりです。
落ち着いた酸味もいいですけれど、
このかおりを鼻の中を通すと
ブラジルを実感したします。


甘みや酸味は落ち着いていたように思います。
(1カ月以上前のことですので、
記憶あいまいでございます。申し訳ございません。)


いろいろなカフェや喫茶店でコーヒーを飲んで
家でも自分で淹れて飲んで思うことは、
やっぱり、お店の人にはかなわないなぁ、と
思います。
淹れている回数が違います。
商売ですので責任が違います。
気持ちが違います。
環境が全然違いますもの。


けれど、
家で飲むコーヒーには
それなりの楽しみ方や味わいがあって、
家庭料理とプロの料理、
それぞれに良いところがあるように、
家のコーヒーとお店のコーヒー、
それぞれに良いところがあります。


気軽さや自分の好み、
採算などというものはありませんし、
淹れる楽しみというもあったり。
豆を買い、豆を挽き、
お湯を温め、カップ温め、
温度を気にしながら、
粉の表情を見ながら
丁寧に落としていく過程を
自分なりに楽しめます。
豆の状態のかおり、
豆を挽いたときのかおり、
淹れているときのかおり、
飲むときのかおり。
それぞれかおりのかたちが違っていて
これは淹れるひとだけの特権です。


夏になる前に
出来るだけ、いろいろと飲んでおきたい
もりおかのコーヒーたちです。



HATAYA demi
盛岡市菜園1-8-15 cubuⅡ
10:00~19:00
019-658-8332



自家焙煎ねるどりっぷ珈琲機屋
http://www18.ocn.ne.jp/~hataya/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。