スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまい棒でなつかしさいただきました、盛岡市みたけ、駄菓子屋ろじもて。

IMGP9056.jpg


1月のお休みの日。
この日は盛岡市みたけにある駄菓子屋さん
『ろじもて』へ行きました。


駄菓子屋さん。
行くのは、たぶん、小学生の時以来です。
私が小学生の時は、
まだまだ駄菓子屋さん、あるいは
駄菓子を扱く個人商店が
あちらこちらにありました。
コンビニなんて存在は、
私の住んでいるまわりにはありません。
郊外型のショッピングセンターもありません。


テレビゲームは
ファミコンやセガマークスリーが出始めた時代であり、
まだまだ外で遊ぶのが主流です。


駄菓子屋さんへ行くことは、
楽しみの一つでした。
一度に使うお金を決め、
駄菓子を買いに行きます。
限られたお小遣いを考えながら
あれこれと駄菓子を選びます。
5円~30円の駄菓子が主流で、
その中から100円分、
選んで買うのです。


その時の気持ちを思い出しながら、
私は雪が降る中、
ろじもての扉を開けました。


駄菓子が低い位置に並べられています。
私の時代にあった駄菓子、
初めて見る駄菓子、
いろいろあります。
小学生が買うわけですから
低い位置に陳列しているわけです。


入って思ったのは、
空間の広い駄菓子屋さん
という印象でした。
私が子どもの頃行っていた駄菓子屋さんは
狭く、薄暗く、
棚の上にはプラモデルなどが積み重なり、
大きな壁が出来あがっていて、
何年も手をつけられたことのないものが
たくさんあり、
それが駄菓子屋さんの歴史の蓄積だったりして、
駄菓子屋さんはそのディープな別世界といいますか、
たぶん、お父さん方が居酒屋に行くように、
子どもたちは駄菓子屋へ行ったのだと思います。
子どもたちだけの
隠れ家的な場所という印象を
子どもの頃は持っていました。


最近は、ディープな暗い世界から
馴染みやすい、
明るい空間が多いみたいです。


駄菓子屋さんというのは
昔からある駄菓子と
今の駄菓子、
テレビ、アニメ、ゲーム等の流行。
そういったものが集まった場所です。
そこに子どもたちがやってきて
楽しむわけです。
私が子どもの頃は、
スーパーボールに始まり、
きんけし(筋肉マン消しゴム)、
SDガンダムのマグネット(レアはきらきらしている)
ビックリマンチョコ、
などなど、
収集系はあれこれとあったわけですが、
今の時代には、
それなりの収集系があるのでしょうね。
ワンピースとかでしょうか・・・。


今の私はそういったものを買わず、
昔からあって、
今も活躍中の駄菓子に手が伸びてしまいます。
その中から
よっちゃんいか、ヨーグルなども買ってきたわけですが、


IMGP9058.jpg


うまい棒を全種類買ってきました。


買ったあとに、
シュガーラスク味が発売されたとかで、
それは未経験なのですが、
一本、10円というのは
すごいですよね。
昔からあるうまい棒もあれば、
いまどきのうまい棒もあります。


たこやき味は、
昔からありますが、
食べるといつも疑問に思うことがありました。


これは、
たこやきの味なのだろうか。


今になってわかることは、
たこやきのソースや
青海苔などの
たこ焼き外見の味なのだ、と
気がつくわけですが、
子どもの頃は、
タコやたこ焼きの生地の味を
自然と求めていたので、
そのギャップにいつも腑に落ちない感覚が
あったのかもしれません。


なっとう味、やさいサラダ味、サラミ味、めんたい味などは
懐かしい顔ぶれです。


チーズを食べると、
ああ、これは、スナック菓子のカールそのもの、
という感想です。
うまい棒本体はコーンが原料ですから、
それにチーズ味をつけると、カールです。


評判高いコーンポタージュ味は
本体がコーンで
味付けも同系のコーンなのですから
合うはずです。


牛タン塩味は、
ああ、なるほど、と思ってしまいます。
レモンの酸味が感じられて、
タレの味が表現されているわけです。


なつかしさと新鮮さを
味わいました。
子どもを対象にしているからでしょうか、
やはり、味付けははっきりとして
濃いわけです。
子どもがわかる味、に
出来ているんですよね。


今回、お店には
小学生の女の子たちがいたのですが、
その横でまとめ買いする大人がいて、
買ったあとに思ったのは、
駄菓子屋さんで買ったものは
駄菓子屋さんで食べながら
友達と話していたことを思い出します。
ベンチに座りながら。
あの空間で食べるのがまたいいんですよね。


なつかしさをいただきました。


駄菓子屋ろじもてぬほほんブログ
http://rojimote.cocolog-nifty.com/blog/
盛岡市みたけ3-2-26
加藤事務所4号 駄菓子屋 ろじもて
019-643-6132
平日: 午後1時~午後7時
土、日、祝日: 午前11時~午後7時
定休日   水曜日(臨時定休アリ)
駐車スペース1台


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。