スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨ごと時間ごと愛する丸干し、盛岡市みたけ(業務スーパー みたけ店)、及川屋 三陸太郎(大船渡)。

IMGP9034.jpg


去年の年末のことです。
食糧の買い出しにみたけの業務スーパーへ向かいました。
昔はジョイスみたけ店、
その昔はスーパーセンターだった場所です。
去年の11月に新しくオープンした
ショッピングコートみたけの中にあります。


ここの業務スーパーが
以前と違うところは、
産直がいっしょになったところです。
スーパーの中に産直コーナーがあるのは
よくあることですが、
こちらもその流れを受けているのでしょうか。
冷凍の鶏肉を2kgなどを
買い物かごに入れたあと、
産直コーナーを見て回ります。


盛岡・滝沢のものだけではなく、
岩手県内の商品が置いてあります。
私の好きな岩手県宮古市の酒蔵、
菱屋酒造のお酒があったり、
私の好きな岩手県岩手町のパン屋さん、
ブーランジェリーグールマンがあったり
いろいろとあるようですが、
今回は冷凍の食品を買ってみました。


IMGP9046.jpg


及川屋 三陸太郎


三陸のさんまを天日干しし
冷凍したもののようです。


私は干物が好きです。
味もうまみもぎゅっと凝縮されて
より濃くなったというのもありますけれど、
人が経験を積んで成長するように
天日干しをする、というひと手間が
時間をかけて成長したかのような
感じがしています。
勝手に思っていることですが、
時間をかけたおいしさ、というところが良くて
時間をかけないと食べられない味、とも言いますか。


こちらのさんまは丸干しです。
開きもいいですが、
丸干しもいいです。
丸干しならではの醍醐味があります。


IMGP9047.jpg


ほかの方々の丸干しの食べ方はわかりませんが、
私はそのままかぶりつきます。
そのときの口の中に入る身の量が
開きよりも断然に多いのです。
開きの場合は、お皿にのっている魚の身を
箸でつつくような感じですので
一口分は箸で取れた分だけですけれど、
丸干しは丸ごといきますので、
身の肉厚感を感じることができるのです。
丸干しならではの感覚です。
口の中でたっぷりと
さんまの丸干しを味わうのです。
天日干しで凝縮されたさんま。
その旨みを独占している贅沢を感じます。


もちろん、その後、
ごはんが口の中に投入されます。
ごはんでなくても、日本酒でもいいですね。
こちらの及川屋三陸太郎は
塩気があるほうですので、
ごはんのおかずにも、
日本酒のお供にもいいです。


丸干し、というくらいですから
骨もしっかりとありますし、
食べる時も骨ごとがぶりといきます。
よく噛みます。
骨までしっかり食べます。
すべてをいただきます。
骨が歯の間にはさまったりすることが
よくありますが、
それがあると、
丸干し骨ごと食べた感があって
それはそれでいいのです。


三陸のさんま。
9月~10月によくスーパーに見かけますが、
さんまは
美味しい姿をしているときに
岩手の三陸を通過します。
そのおいしいところを
三陸の漁師さんたちが獲ってきます。
それを天日干しをします。
及川屋では、
小さめのさんまを選別しているようです。
私も初め見た時は
小さいな、という印象でした。
けれど、これはこれで
食べやすいです。
骨ごと食べるにはいいかもしれません。


及川屋は大船渡の会社。
岩手県沿岸の商品がこうやって見られて
手にすることができるというのは
いいことです。


干物の凝縮されたうまみと
丸干しならではの肉厚感。
骨ごと愛することのできる丸干し。
骨ごと食べていると
魚のすべての時間を
しっかりと頂いているように感じます。


ごちそうさまでした。


及川屋 三陸太郎
http://www.oikawaya.com/SHOP/sanrikutarou-p5uv.html
及川冷蔵株式会社
岩手県大船渡市大船渡町字中港3-100
電話番号:0120-309-308
FAX:0192-26-4001

業務スーパー みたけ店
盛岡市みたけ二丁目12番8号
019-641-6561
9:00~21:00


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値


あとがき
今回は干物のことを書きましたが、
冬の旬の物も食べたいところです。
早採りわかめは食べていますが、
スーパーには、
どんこ(エゾイソアイナメ)が売っていました。
鍋用のシールが貼られていましたが、
作った経験がありません。


肉よりも魚、
魚よりも野菜
を食べる人ですが、
スーパーで買い物して
思うのですが、
肉には季節感がないんですよね。
当たり前ですが、
だからなのでしょうか。
見ていて、
楽しさが感じられない、といいますか。
人間というのは
常に変化を求める生き物ですね。
けれど、安定も欲しいのです。
安定すると変化を求め・・・。
常に動きを求めるようです。


ところで、関連記事見ると、
さんまのことしか書いていない・・・。

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。