スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡の青空のかたち、盛岡市内丸、中の橋→岩手県民会館。

IMGP9024.jpg

12月の月末、
盛岡市紺屋町、上の橋のたもとにあるお店
くふや」で丁寧な食事をいただいたあと、
中津川沿いをぶらりぶらりと歩きました。


世間では師走で忙しい時期だけれども、
この日限りは贅沢に時間を使おう、と
決めていまして、
ゆっくりと散歩をしました。


中の橋まで来て、橋を渡ります。
太陽が西に落ち始め
影が伸びて、
日の色が濃く、暗くなり始めます。


IMGP9026.jpg

この日は青空のおかげです。
ここまで澄んだ青空も久しぶりでしたので、
歩きたくなったのだと思います。
この青空と
中津川が作りだす空間と
寒さと
太陽の光が
いつもと違った盛岡に思えました。
あるいは、知らなかっただけかもしれません。


IMGP9028.jpg

もりおか歴史文化館のところにあるこの木。
県立図書館があったときから残るのこの木は
いつも気になってしまいます。


羽に見えるのです。
天使なのか悪魔なのか巨大生物なのか
そういったものが地面の中にいて
羽だけをニョキっと
出しているように見えてしかたありません。


IMGP9025.jpg

いつも見ているこの木もこのベンチも
今日はなにか違って見えました。


IMGP9029.jpg

盛岡東警察署のヘリポートを見上げます。
写真に撮ったのは初めてでした。


IMGP9032.jpg

岩手県民会館のこのメッセージも
今日はなにかストンと入ってきます。


この日の感覚をうまく言葉にできません。


青空は地球のどこからでも見られるのに
見る場所によって、
感じ方が変わってしまいます。


盛岡年末の青空のかたちは
こんな感じでした。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値


あとがき
自分でも何を感じ、何を書こうとしたのか
よくわかりません。
けれど、私の感覚が
何かを感じ、それが写真を撮らせ、
文章を書かせました。
それが何なのか、時間を置いてみたりして
考えてみましたが、
ぼんやりとしていて
うまく言葉になりませんでした。
無理に言葉を当てがって
無理に説明しようとすることを
ためらっていたのかもしれません。
ただ、私が未熟だった、
と言えば、それだけの話ですけれど、
感じた何かが、私にそうさせた、
ということは事実です。
今回もお読みいただきありがとうございました。

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。