スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋さんの頭の世界を歩く、盛岡内丸、Cyg(シグ)。

12月の日曜日。


IMGP8988.jpg
この日はアートギャラリーCyg(シグ)へ。
10月から毎月行ってきた展示会。
毎月、違う作家で行ったこの展示も
12月で一区切りとなるのだろうか。

12月は

高橋克圭「顕現する厚み」

高橋さんは出身は東京だけれども、
岩手大学を出た人。


何やら、いつものとは違った感じがする
今回のCyg。


絵画は何か。厚みとは。「美術」とは。


このあたりのキャッチコピーで
むむ、ちょっといつもとは違う、と思ってしまう。

実際に行ってみると、
やはり、そうであった。


右側のほうは、
円が並んでいた。
色は青、というよりは紺。
版画だと思われる作品が並ぶ。

そのほかには
長方形の紙に赤というよりは朱色に近いもので
紙いっぱいに朱色がすられ、
くしゃくしゃにしたものとか、
同じ形の連続してすられたものとか、
作り手のイメージがそのままでたような作品に感じた。

左側のほうは、鏡があったり、
小説や絵をばらばらにしたものを額に納まっていたりと
作り手の世界が広がっていた。

カタログの見本を手に取って、
パラパラと読むけれど、
そこには、今回の作品群が収録されているだけでなく、
文章による、美術に対する考えなどが
結構な量で書かれていて、
ここでこれを全部読むのは無理だろう、と思い、
カタログを元の位置に戻す。

なんだろう、

絵画とは何か。
厚みとか何か。

とうことをひたすらに考え、苦悩し、迷い、
その過程で生まれたものたちが
このCygの場所にある、ということだろうか。

私がこの作品たちと
文章をちらりと呼んで思ったのは、

高橋さんの純文学(私小説)や哲学みたいなものを
文字以外の別の形にすると
こうなった。

というふうに感じた。


自分で考え、悩んだり、迷ったりしながら
やり続けていくと、
それがオリジナルとなり、その人の個性となる。


高橋さんの頭の中を
私たちはのぞいているのかもしれない。

そんな、高橋さんの
美術に対する考え、そういった世界が広がっている。



IMGP8995.jpg
カタログを買って、
家で読んでみる。

本当に純文学を読んでいるような気持ちになる。

読んでみて、
書き手のこころの流れを感じ取ると、
(私が勝手に思ったこと)
最初は個人の世界で、
自分以外の存在は受け付けていなくて、
それは美術に対する考えもそうなのかもしれない。
けれど、あとのほうなると
ちょっと外に開いている感じがする。
自分の内側へ内側へと進んでいたけれど、
途中から外側にちょっと開くんだ。

正直、ここに書かれていることは
私には難しすぎるお話で
到底、理解はできないだろう。
けれど、彼がとことん向き合って考え抜いているだろうし、
そのことは伝わってくる。
そして、これからも考え続けるのであろう。
その過程で生まれたであろう作品たち。

顕現とは
はっきりと姿を現すこと。はっきりとした形で現れること。
(ネット調べ)
この言葉の意味すら私は知らなかった。

私は今回の展示で
作り手の意図としているところまで
たどりついていないだろう。

厚みとは何か。

カタログでは、
隙間とも書いていて、
自己以外のおとずれ、絵画以外のおとずれを待つ、
と書いてある。

今回の作品は
同じような形ものが
4つや5つ並べて展示してある。

それらを頭の中で、
イメージの中で重ねるときに
別のものが現われるのかもしれない。
そして、その現われるものは
たぶん、人によって違うのかもしれない。

これは
見る側の意識を通り越して
無意識やイメージの世界に直接つながることで
何かをしようとしているのかもしれない。

かもしれない、ばかり書いているけれど、
あくまで私の想像でしかないので、
そうなってしまう。

彼の美術に対する考え方の世界を
歩いてみてください。


それと、
今回はcartaでのスペシャルメニューではなく
六月の鹿でのスペシャルメニュー。
今回の作品をイメージしたものが食べられる。

ティラミスが食べられるようだ。
けれど、日曜はお休み。
平日休みが取れたので行こうと思った月曜日も
そんなときに限って変則定休日だったりと、
タイミングが合わず。
今回はスペシャルメニュー、食べられそうにない。
残念。

そういえば、六月の鹿もそろそろオープン1周年ですか?
(調べたら12月19日。)
まだ早いけれど、行けそうもないので

おめでとうございます。

と早めに書いておきました。



高橋克圭「顕現する厚み」
2012年12月1日(土)〜12月23日(日)
11:00〜20:00/会期中無休
21日(金)・23日(日)は22:00までオープンいたします。
※1日(土)・22日(土)はイベントのため18:00までとなります。

Cyg(シグ)
盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
019-681-8089
http://cyg-morioka.com

自家焙煎 六月の鹿
岩手県盛岡市内丸5-5
019-654-1671
11:00-20:00(L.O 19:30)
2012年12月のお休み
02(日) 09(日) 10(月) 16(日) 25(火) 30(日) 31(月)
http://6gatsunoshika.blog109.fc2.com/

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。