スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともに冬を越すほうじ茶とコースター、楽天、無農薬有機栽培専門店 茶の間。

私が5、6年買い続けているほうじ茶がある。

いつも、頻繁に買うわけではないけれど、
夏が終わり、秋を迎えると、
そのほうじ茶を思い浮かべ、
秋から冬へと移り変わる季節になると、
ネットで注文をする。

そのほうじ茶とともに冬を越す。


IMGP8947.jpg
無農薬有機栽培専門店 茶の間のほうじ茶。

長崎の北村農園で作られる
有機JAS認定茶葉。
全国で栽培されるお茶の葉の1.5%しか認定されてない。

無農薬。
有機栽培。

もちろん、最初の入口はそこだったけれど、
それは買う理由、きっかけであって、
継続する理由はそれではない。


ここのほうじ茶は
独特の甘いかおりがする。


IMGP8948.jpg
最初にこのほうじ茶のかおりをかいだ時、
今までのほうじ茶とは違っていたので
驚いた。
今では慣れてしまって、そこまでの感動はないけれど、
必ず、冬はこれを常備している。

ほうじ茶は熱湯で淹れられるので
簡単で、神経をつかわず、
気軽に淹れられるし、
朝の空腹にも、
お腹いっぱいになった食後にも、
パソコンやテレビのお供にも持ってこいで
カフェインも少なく、やさしい。

配送も郵便の定型外に対応してくれて、
送料を節約できるうえに、
この商品。
無農薬有機栽培で手間をかけているのに
100g500円で買えてしまうという安さ。
ということで、普段使いができる。

そんなほうじ茶を売っているこのお店。
ときどき、古布を使ったコースター1点物を販売している。
ここのスタッフが作っているらしい。


IMGP8949.jpg
なので、デザインもそれぞれで面白い。

けれど、ハンドメイド1点物なので
すぐに売れ切れる。
でも、そこがいい。

世界にひとつだけのコースター。

ほうじ茶とコースターで冬を楽しみます。
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。