スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林の紅葉は赤い影を落とす、滝沢村、森林公園。

11月のまだそんなに寒くない日。
この日は紅葉を確認をしに
滝沢の森林公園へと向かった。


IMGP8830.jpg
岩手産業文化センター アピオ側から
森林公園へ向かった。

道路側のツツジやもみじが
真っ赤になっていて
とてもきれいだった。

森の中がどんなふうになっているのか
期待しつつ、足を踏み入れる。


IMGP8832.jpg
落ち葉で道は消えてしまっていて
紅葉お終わりかけなのかもしれない。

落ち葉の上を歩くのが楽しかった。


IMGP8834.jpg
いつもならば、
人が歩いて出来た道があって、
その道に導かれるように歩くけれど、
道がないのはすごく新鮮だった。



IMGP8836.jpg
葉っぱを落とし、裸になった木々の中に
紅葉真っ最中の木があって、
街中の紅葉とは変わっていた。

木々に囲まれていたためか、
風が当たらず、
木々の葉はそのまま下に落ちるのだろう。
根元周辺を紅葉で染めていた。



IMGP8837.jpg
まだ歩いたことのない
やすらぎの森へ。


IMGP8838.jpg
初めての道。


IMGP8839.jpg
空からは細かい葉がパラパラと降ってきていた。


IMGP8843.jpg
途中、サイロっぽい建物を発見する。
使われていなさそうだし、
立入禁止となっていた。


IMGP8844.jpg
ポツンと建っているサイロっぽい建物。
ずっとひとりなのだろうか。

周りの木々といっしょにいられて
案外、さみしくないのかもしれない。


IMGP8845.jpg
赤の世界が現れる。

赤い影を落としているかのように見える。

森林公園の紅葉って不思議な世界。


IMGP8850.jpg
途中、森林公園を管理している人たちとすれ違う。
チェンソーを持っていて
ときどき、そのチェンソーをうならせていた。

余分な木を切って、
管理しているためもあるだろうけれど、
熊除け的な意味合いで
ときどき、うならせていたのかもしれない。

そんなチェンソーの音がしだいに離れていくのを聞きながら
森の中を歩いた。


IMGP8859.jpg
森林公園のツツジは
まだ、紅葉ではなかった。
一部だけだった。
ここの紅葉をきちんと見たことがない。
それとも、色づくのだろうか。


IMGP8862.jpg
ここの紅葉は外側が赤く色づき、
中は緑のまま。


IMGP8863.jpg
風の当たるところは
変化が速いのかもしれない。

外側にいるのは変化しやすく
内側は変化しにくい。


IMGP8870.jpg
ブラブラと戻ることにした。

今日も静かな森林公園でした。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。