スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番奥の席であんぱんと仙台文庫、盛岡市内丸、carta(カルタ)。

11月のCyg(シグ)へ行った日。
大柳暁 LIKE A BUSINESSで
バッグを見たり触ったりしたあと、


IMGP8825.jpg
carta(カルタ)へ向かった。


IMGP8826.jpg
carta前ではなにかの実がなっている。
なんだろう、と思いながらcartaの扉を開けた。

この日は好きな席に座れた。
なので、カウンター席の一番奥。
トレイの前の席。

cartaの人がお好きな席にどうぞ、と言われると、
そこに座ってしまう。
あれこれと店内を見渡して、
どこに座ろうか、一応、考えるけれど、
やっぱり、そこに座る。

トイレ前の席を好んで座る人。
別にトイレが近いから安心とか、
トイレが好き、とか、そういうことではなくて、
端っこに座りたい、
壁側に座りたい、
大きなスペースよりも、小さなスペース、
ちょっと閉じられた、自分だけの空間でまったりとしたい、
のかもしれない。

自分だけの空間といっても、
よく、お客さんがトイレに来るので
落ち着いた場所と言えるかどうかは
わからないけれど、
私にとっては、この場所がいい。
せまいところへ行こうとするのは
猫と同じかもしれない。

その場所には
他の席と違うところ。
壁際席には服をかけるところがある。
壁にフックがある。

そして、何より、椅子がここだけ違う。
他の椅子とは違った材質のものを使っているし、
肘掛も付いていたり。
たぶん、この席はまったり席に違いない、
と勝手に思っている。

そんな席で、
この日に頼んだもの。

Cygの展示に合わせて作られるスペシャルメニュー。

今回は、あんぱん。
いつも冬になると登場するcartaのあんぱんが登場する。

いつもこの存在が気になっていたけれど、
今回が初めての注文となった。

いつもはセットメニューがあったりするけれど、
今回は飲み物のセットはなかった。

あんぱんのお供はどれにするべきか。

あんぱん、だから、ミルクを使ったものを頼もう。

ミルクのコーヒーか、ミルクのティーか。

cartaの人にも聞いてみたけれど、
お好みで、ということを、やんわりと言葉が返ってきた。
うーん、と悩んだあげく、
ミルクコーヒーをいっしょに頼んだ。

ミルクコーヒーは
深入りのコーヒーのかおりがした。
けれど、ミルクのやさしい味がした。

あんぱんの前にビニールの袋にはった
長方形のおしぼり。
このおしぼりの角は折ってある。
それは、ビニールの袋を破るときの
切れ込みの場所がわかるように、
あるいは、ビニールの袋を破りやすいようにしてあって、
こういったちょっとした配慮が好きだ。

あんぱんはゴマ生地でできた中に
粒あんがはいっていて、
バリッとした表面をから、
小豆の味を活かした粒あんが出てくる。
私の頼んだあんぱんには
やわらかいかぼちゃが入っていた。

かぼちゃのかわりにくるみが入っているものもあるらしい。
それが、当たりなのだろうか。
当たりが出ると、ビジネスメモ帳がもらえるとか。

あんぱんとミルクコーヒーを
テーブルの上に置いて
この日に読んだ本。

仙台文庫、
ブックカフェのある街。

古書店とカフェがいっしょになった
bookcafe 火星の庭。
実際にお店は仙台にあって、
10周年として、
店主が出したものみたいだ。

夫婦とも無収入になったところから
貯金を元手にブックカフェを始める。
ブックカフェという存在は
話でしか聞いたことのないものだったし、
最初の数ページで興味を持ち、
引きこまれた。
古書の知識もなく、古書店で修業をしたり、
いろんな人に支えられながら
走り出す、火星の庭。
そんなストーリーを
cartaの一番奥の席の椅子に座って
肘掛に腕をのせて読んでみたり、
腕を肘掛の内側におさめて、
体をすっぽりと椅子にゆだねながら読んでみたり。

奥の席でひとり、
自分の世界に入って読んでいた。

最近、
Cygでそれぞれのアートの世界に刺激を受けたり、
cartaでゆったりとした世界に身をゆだねているうちに
それらの影響を受けたのか、
ブログもちょっと書き方とか、やり方みたいなものを
変えてみよう、と思った。

その影響をすぐに出るわけではなく、
少しずつであるけれど、
ブログも変化すると思う。

秋の紅葉にも影響されながら、
自分がまた少しずつ変わっているのかもしれない。

cartaの奥の席で
ふと、自分と向き合った日だった。

帰りに水色の鳥っこ、あべさんの由来を聞き、
cartaのcarta展でポストカードを一枚買って
お店を出た。

ごちそうさまでした。


大柳暁
LIKE A BUSINESS
2012年11月1日(木)〜11月21日(水)
11:00〜20:00/会期中無休
19日(月)・20日(火)・21日(水)は22:00まで。
※3日(土)・17日(土)はイベントのため18:00まで。
http://www.yaggue.com/

Cyg(シグ)
盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
019-681-8089
http://cyg-morioka.com

carta
http://carta.blog.shinobi.jp/
019-651-5375
岩手県盛岡市内丸16-16
11:00~20:00 (日、月、火は8:00~)
定休日 毎週水曜と最終火曜

仙台文庫
http://md-sendai.com/sendaibunko/

Amazon
ブックカフェのある街 (仙台文庫)

book cafe火星の庭
http://www.kaseinoniwa.com/
宮城県仙台市青葉区本町1-14-30-1F
022-716-5335
OPEN/11:00~19:00
定休日/毎週火曜・水曜


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。