スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中津川の自然は残しておきたい場所、盛岡市中津川、下の橋付近→毘沙門橋 2012秋。

10月のある日。
日曜日。


IMGP8660.jpg
用があって紺屋町へ。
そのあと、市内をウロウロしようと思うけれど、
次の目的の場所はまだオープン前であった。
1時間くらい間があくので
ブラブラすることにした。


IMGP8662.jpg
ということで、
中津川の鮭具合をのぞきつつ、中津川遊歩道あたりを
ブラブラする。

昔、中心市街地で働いていたときは
いつも、この中津川遊歩道を歩いて出勤していた。
帰る時もこの道を通る。

帰る時間になると散歩する人たちとよく出会い、
ワンコたちと出会った。

いろんなワンコがいたけれど、
その中に太っちょワンコがいて、
のそのそと散歩していた。

たぶん、飼い主に甘やかされてきただろう
そのワンコは歩きたくないときは
まったく動かない。
飼い主がリードをひっぱっても
声をかけても動かない。

印象的だったのがこの坂。
飼い主がこの坂をのぼろうとするけれど、
ワンコは絶対にのぼろうとしなかった。
通常のワンコよりもたっぷりと肉をつけたワンコは
動かなかった。

私はそんなやりとりをしている横を通って
駐車場に向かった。
そのときの記憶は今でも残っている。

でも、そのワンコは愛嬌があって、
飼い主の気持ちもわからないわけではない。


IMGP8664.jpg
昔は左側の上のところに年期の入った家があったけれど、
いつのまにか、取り壊されていたことを知る。


IMGP8665.jpg
下の橋をくぐります。


IMGP8666.jpg
カモさんたちがいました。

今年はタイミングが悪く、
鮭を泳ぐ姿をみることができなかった。

川底には鮭の横たわる姿があるけれど、
そんなに多くない。
カラスさんやカモさんの食糧となってしまうのだろうけれど、
今年の鮭は少ないようだ。


IMGP8668.jpg
蔦紅葉はまだ。
けれど、旧石井県令邸の蔦紅葉は
始まっているようだ。


IMGP8670.jpg
中津川下の橋近辺の
ランドマークというべき
下の橋際のイチョウ(盛岡市保存樹木)と
東北電力の鉄塔。


IMGP8671.jpg
このイチョウは
上のほうから順に黄色に変わる。
黄葉グラデーション。


IMGP8675.jpg
ござくの裏側、柳三本。
風に揺れていた。

中津川沿いの名所のひとつ。

右側には蔦で覆われたカフェ
ふかくさ。
最近、いってない。
特等席ともいうべき、
窓際の席でまったり読書なんてのもいい。


IMGP8677.jpg
岩手公園へ。


IMGP8678.jpg
岩手公園の芝生のところにある
ユリノキ郡は岩手公園の木々の中でも
黄葉が早い。
この記事が載る頃はどうなっているだろう。


IMGP8700.jpg
毘沙門橋付近のモミジたち。
色が変わり始めていた。

県庁や市役所などが集まる市内中心地で
これだけ自然があるところは
あまりないと思う。
すごそばの川では
鮎釣りができるし、
鮭もやってくれば、白鳥もやってくる。

ここは残したい場所のひとつ。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。