スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートなコシ、盛岡市月が丘、みししっぴ饂飩。

9月の月末だったと思う。
確か、土曜だったような気がする。

この日の冷蔵庫は空だった。
お昼ご飯どうしよう。

そうだ、


IMGP8561.jpg
近所に出来たうどん屋さんへ行こう。

ということで、
9月にオープンしたうどん屋さんへ。

お気に入りだった佳久(かなが)がやっていないので
うどんから遠ざかっていたけれど、
近所に出来たので
行ってみた。

アパートを出て、ブラブラしながら到着する。
前はラーメン屋さん?だった気がしたけれど
一度も行かずにうどん屋さんに変わってしまった。

みししっぴ饂飩。
この「饂飩」の字が読めなかった。
饅頭の饅っぽい字だな・・・、と思いながら向かった。
あとから、うどん、と読むことを知る。

お店に入り、カウンター席に座る。
後から知ったけれど、
ここは岩井沢工務所のお仕事らしい。
白い壁とか、木のぬくもりとか、
たしかに、っぽい感じだった。

どれにしよう。
ルーデンス農場のたまごを使ったものが気になっていたけれど、
最初はシンプルなものから。

ということで、
ぶっかけにしてみることにした。
やっぱり、うどんのコシ具合を確認してみたかった。

店内にはジャスが流れ、
オープン祝いのお花があちらこちらに。

12時前ということもあって、
お客さんは店内半分くらい。

店名、みししっぴの由来みたいなことが書いてあったけれど
すいません、わすれました。

私の中でみししっぴというと、
ミシシッピー殺人事件、という
ファミコンなどで発売されたアドベンチャーゲームを思い出してしまう。
やったことはないんですけれど、
名前だけ覚えていた。

目の前には食器類があって、
ああ、このしょうゆ差し、買おうか迷ったしょうゆ差しだ、
などと思いながら待っていると、
ぶっかけがくる。

冷たい汁をかけていただきます。
まず、思ったのが
うどんがきれい。
つやつやしていた。
コシもそこそこあって、
なんというか、上品なうどんだな、というのが
食べてみての感想だった。

見た目にきれいなうどん、
つるっとしたところ、
コシもあって、
なんか、ジャズが流れていて。

上品、というよりも、スマート、といったほうが
いいかもしれない。

ゆっくり食べようと思っても
すぐに食べ終わってしまった。

座っているカウンター横のお祝いの花に
ある作家さんの名前が書いてあった。
お会計するときに、確認してみると
店主が知り合い、とのこと。
へぇー、と思いながら
お店を出た。

ごちそうさまでした。

みししっぴ饂飩
盛岡市月が丘3-30-8
019-646-2645
11:00~15:00(麺が無くなり次第終了)
定休日:月

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。