スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫波の窯元3つのうち2つそろう、滝沢村(岩手山麓フェスタ)、陶房金沢。

9月月末馬っこパーク・いわて。

岩手山麓フェスタ。


IMGP8564.jpg
今年も滝沢村の工房を中心として
いろいろ集まった岩手山麓フェスタ。

ウロウロすると
今年も紫波から陶房金沢(金沢英得さん)が来ていた。

去年は見るだけだったけれど、
今年は何か買おうと思っていた。

ここの器は粉引きの作品がメインのひとつ。
最近はてまるの器も手掛けている。

てまるとは

どんな人にもやさしい器。

不自由な人たちでも扱いやすいデザインになっている
介護食器なんだけれども、
デザインは今までの介護食器と違って
温かみがあって、一般の食器に負けないし、
一般の食器よりも扱いやすい。

そんな器のプロジェクト。

陶磁器だと滝沢の陶來が手掛けているけれど、
陶房金沢でも製作されている。

けれど、今回は


IMGP8620.jpg
粉引きのフリーカップを購入してみた。

大きな角皿も欲しかったけれど、
やっぱり、ここは粉引きがメインだし、
だとしたら、やっぱり、
粉引き特有のスベスベ感を手で感じたいところ。
なので、最初はフリーカップで
まったりとお茶っこを
粉引きの器で飲みたい、と思った。


IMGP8621.jpg
私は陶器の知識はほとんどないので
わからないことがたくさんあるけれど、
スベスベの感触の中にもザラっとしたところがあって、
灰色。
これも粉引き、でいいんですよね?

このフリーカップは大きめ。
げんこつがひとつ入るくらい。


IMGP8622.jpg
益子の窯で修業されて
紫波町に窯を持つ金沢さん。

これで、大沼さんと金沢さんの器をゲットできたので、
あとは平栗窯(関口さん)のをゲットすると
紫波にある窯元3つの器がとりあえず、そろう。

今回、しゃおしゃんのお茶っこもゲットしてるので
これで飲みたいと思っている。
しゃおしゃんのほうは、まだ飲んでいないので
飲んだら書きます。

お茶っこ仲間が増えてきました。


陶房金沢
紫波郡紫波町上松本字境46-2
http://touboukanazawa.web.fc2.com/index.html

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。