スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大沼さんのドット柄を手に入れる、盛岡市清水町(南昌荘)、大沼道行とヤンマ産業。

9月1日(土)
この日は南昌荘へ。


ブログ20120901 010
ひさしぶりにここのイチョウを見る。
相変わらずの立派さ、この存在感。


ブログ20120901 011
この日は、展示会。
紫波の陶芸作家、大沼さんと
ヤンマ産業。

ヤンマ産業?

ネットで調べてみると、

まず、ヤンマは東京都武蔵野市に拠点を置き、デザイナー山崎と
主に近隣に住んでいらっしゃる高齢者のスタッフで運営しています。
(出典:ヤンマ産業ウェブサイトより。)

どうやら、雑貨とか服を作っているようだ。
たしかに、服がずらりと並んでいたし、
やわらかい感じの服で様々な色があるけれど、
どれも落ち着きがあった。
ちゃんと見ていないけれども、なんとなくそのように感じた。
雑貨好き女子は、たぶん、好きそうな雰囲気だった。


ブログ20120901 012
久しぶりの南昌荘。
この飛石を歩くのも、あの玄関に入るのも
そこでサンダルを脱ぐのも久しぶり。

受付で南昌荘の半券を3枚渡す。
そうすると、入場料がタダになるのだ。
いつもありがとうございます。と言われる。
久しぶりだけれども。

今回のお目当ては大沼さんのカップだった。
人気があるので
なかなか買えない。
今回がチャンス。

並んでいたのは、
カップよりもお皿のほうがメインのようだった。
大道さんの代表的なもののひとつ、
織部のお皿たち。
深い緑っぽいお皿。
結構、買っていく人が多かった。

それと、黒っぽく、ところどころ銅のような色のフリーカップがあった。
勝手なイメージだけれども、
仏教美術でありそうな雰囲気のものだった。
なにか中国茶なんて似合いそうな感じだった。

お目当ては、フリーカップ、マグカップ。
ドット柄、といったらいいか。


ブログ20120901 058
展示はしていなくて、奥の方に重ねて置いてあった
フリーカップ。


ブログ20120901 059
それを買ってきた。
隣では大沼さんのお子さんなのだろうか。
女の子が算数の勉強をしていた。
そんな横でカップを手に取り、
持った感じとか、両手で持って、
自分に合うかどうかとか、
大きさとか、形、デザインなど、
自分にどれが一番合うかどうか見比べて


ブログ20120901 060
買ってきた、フリーカップ。

去年も南昌荘で大沼さんの展示会があったけれど、
それから思い続けて約1年。
ようやく、ひとつ手に入った。
本当はマグカップがほしかったけれど、
こちらにした。
色違いで白に緑のドット柄のフリーカップがあるはずだけれども
すでに売れ切れた模様。


ブログ20120901 061
また、マグカップ、フリーカップの仲間ができました。


秋は雑貨関係のイベントがたくさんあるので
お財布が心配です・・・。

ヤンマ産業
http://yamma.jp/about.html




保存建造物 指定番号24号
盛岡市清水町13-46
O19-604-6633(FAX兼)
夏期(4/1〜11/30):午前10時から午後5時まで
冬期(12/1〜3/31):午前10時から午後4時まで
休館日:毎週月曜日・火曜日と年末・年始(12/26〜1/10)

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。