スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今も昔も加賀野は住宅地、盛岡市加賀野、盛岡町名由来:加賀野。

7月の晴れた日。
この日は加賀野へ。

紺屋町へ車を置き、
ブラブラと歩いていく。



IMGP8250.jpg
神社のところに町名由来がある。



IMGP8252.jpg
加賀野

・天保四年(1833)以前は内加賀野小路と外加賀野小路の区分があった。
・その境は、通曲郭(とおくるわ)の堀。(上ノ橋町二番地辺)。
・明治二十二年(1889)、加賀野新小路の一部、内加賀野小路→「大字志家」。
・外加賀野一体→「大字加賀野」。
・大正十三年(1924)加賀野耕地整理組合がつくられ、約十万坪の住宅街が造成された。

上ノ橋町二番地とは
加賀野郵便局があるあたりのこと。
城下盛岡旧町名探究地図を見ると、
加賀野郵便局あたりに、
加賀野惣門跡と書かれているので
そのあたりを境に南側が内加賀野、北側を外加賀野といったようだ。
内加賀野は、
上ノ橋町の一部、紺屋町と若園町の一部であり、
南は葺手町(東屋本店とかあるあたり)につながっている。
加賀野郵便局から藤原養蜂所、ハローワーク、中野製麺所、関口屋菓子舗と行き、
ウサギボタニカまで行かないあたり、その手前を内加賀野というらしい。
なかなかの縦長。

外加賀野はその後、今の加賀野の町名がついているようだ。

加賀野新小路は
若園町、住吉町と神明町、志家町の境の道あたりにあったようだ。
住吉町にあった盛岡短期大学前の道と言ったらいいだろうか。

加賀野は結局のところ
今も昔も住宅地だったようだ。

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。