スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウ好き家族の家族のつながりを描いた物語、GyaO!映画、「ゾウがお家にやって来た」。

DVDを借りようと思ったけれど、
無料で見られる動画サイト、GyaO!映画をとりあえず見ておくことにした。

ゾウがお家にやって来た
2005年 製作国:オランダ/ベルギー
監督:マルティン・コールホーフェン

このタイトルを見たときに
観ようか迷った。
無料とはいえ、時間を費やして観るべきなのか。
けれど、合わなければ、
途中で観るのをやめればいい。
タイトルだけで判断せずに観てみることにした。

物語は少女の語りで始まる。
おばあちゃん、ママと主人公の少女ボニーの3人暮らし。
ママは病気らしくいつも薬を飲んでいる。
精神的なものらしく、
ずっとベッドに横になって寝ている。
なにもやる気がなく、食欲もない。
家事も子育ても出来ない状態で、
おばあちゃんがその代わりをしている。
ママの世話もおばあちゃんがしている状態で
おばあちゃんが全てを取り仕切っている。

ボニーいわく、ママは冬眠中で
動き出すと、一転して活動的になる。
ボニーの服を衝動買いし、カフェのかっこいいウエイターを見つけると、
目を合わせ、誘うと、カフェの中を踊りだす。
心のスイッチのオンオフが激しく、
自分の感情をうまくコントロールできないようだ。
薬を飲めば、落ち着くけれども、飲もうとはしない。
おばあちゃんにせかされてようやく飲む。
ママは、薬を飲むと心を切り落とされたようになる、と言った。
(セリフは正確には覚えていないけれど、そのようなこと。)
感情がいっさいなくなってしまうのが嫌で薬は飲まない。

この3人で共通しているのは
ゾウが好きなことで、
それは祖父の祖父の影響だ。
ボニーという名前もゾウからもらったもの。
テレビの前で3人ソファに座り、そわそわしながら
楽しそうにしている。
ボニーがリモコンをテレビに向けてスイッチを押すと、
テレビ画面に映し出されるのは、ゾウの姿だ。
ゾウの番組が何よりの楽しみにするくらい、
ゾウという存在はこの家族にとって大事なもの。
あるときは庭でテントを張って、3人がその中で眠る。
眠れないときはゾウが近くにいることを想像すると、
眠れてしまう。

そんな家族に悲劇が訪れる。
家族の大黒柱というべきおばあちゃんが車にはねられて
亡くなってしまう。
いつもおばあちゃんがボニーに
車には気をつけるんだよ、と口を酸っぱいくして言っていたのに。

というのが最初の部分。
おばあちゃんが亡くなることで
家庭は大きく変化する。

この物語は家族の物語。
簡単に言えば、家族って何なの?
ということを描いている。

映画が始まるボニーの語りでは

「どんな人にも家族がいる
家族を見れば分かる」

ここで外見が似ている家族の映像が流れる。

「うちは似ていない
見た目だけはね」

そのあと、ゾウ好きのエピソードが流れる。

この出だしが伏線となっている。

映画の最初はテンポのよい曲が流れ
素直に物語の世界に入れた。
ボニーが着る緑のジャージもちょっと気になった。
明るい緑に袖には黒の二本ライン。
タンクトップをきていてショートパンツに
靴はボクサーシューズ。
格好がいいです。

日本の映画館では未公開らしいので
レンタルでも見かける機会が少ないかもしれない。

ママのことで悩み、クラスからも仲間はずれになるし、
児童養護施設の人は来るし、
(外国映画では、施設の人は家族を切り離す敵として描かれる場合が多い。)
ボニーは頼る人もいない。
そういった姿から家族のつながりを描いていく。

シリアスな話ではあるけれど、
そこまで暗くはならない。
案外、ほのぼのと観ることができる。
それは、ボニーの性格や
ママが活動的になるとすごく明るくなるからなのかもしれない。
悲しみの部分を直接は描かない。

この映画は押しつけがましくないところがいい。
重くならない映画なので
気軽に見られると思う。
時間も1時間20分と短め。

残念ながら
もうGyaOでは終わっていると思う。
レンタルで探してみてください。
なければ、ネットレンタルとか。

映画の世界を楽しんで観ることができました。
ありがとうございました。

GyaO!映画
http://gyao.yahoo.co.jp/ct/movie/
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。