スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300年級ケヤキがある2本ある神社、盛岡市住吉町、「盛岡市保存樹木第22号住吉神社のイチョウ」「盛岡市保存樹木第23・24号住吉神社のケヤキ」。

6月の雨降りの日。



IMGP8058.jpg
この日は住吉町にある住吉神社へ行ってみた。
ここには保存樹木が3本ある。
ここの時点で木が大きいことがわかる。



IMGP8059.jpg
住吉神社。
初めて行く。

住吉神社は
寛政七年(1795)五月二十日に下厨川村から遷座された神社。
ここの石燈籠(四座四対)は盛岡市指定有形文化財。
けれど、今回は保存樹木目的。



IMGP8061.jpg
入って早速大きな木。
これは大きい。



IMGP8063.jpg
住吉神社のケヤキ
推定樹齢270年 指定番号第23号 昭和47年11月25日。

今から数えると樹齢300年以上のケヤキ。
ここにも300年を超えるケヤキがあったか。



IMGP8067.jpg
進むと小さな石の橋がある。



IMGP8068.jpg
ここの擬宝珠(ぎぼし)は木製。



IMGP8069.jpg
ここにも大きな木が。
樹皮がはがれている。



IMGP8070.jpg
これもなかなか大きな木。



IMGP8071.jpg
住吉神社のケヤキ
推定樹齢270年 指定番号24号 昭和47年11月25日

これも300年以上生きている木。



IMGP8073.jpg
隣にもある。



IMGP8074.jpg
住吉神社のイチョウ
推定樹齢180年 指定番号第22号 昭和47年11月25日

イチョウですか。
イチョウも何本か保存樹木に指定されている。
秋に来てみよう。



IMGP8079.jpg
この日は雨が降っていて
しっとりとした雰囲気だった。
この道の両脇にはこの場所を囲むように木が植えられていて
別の空間をしっかりとつくっていた。


この日はなぜか
2回ほど道を聞かれる。
一組は観光で来たと思われる人で盛岡駅を
もう一組は自転車に引いたおばちゃんに八幡宮を。

それだけ、観光に来ている人がいるということだろうか。

そろそろJRのデスティネーションキャンペーンも終わりますね。

最初に見たケヤキはなかなかでした。



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。