スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんの彫刻があるお寺さん、盛岡市中ノ橋通、長福院。

6月の雨降りの日。
中ノ橋通りの葺手町を通った時のこと。



IMGP8054.jpg
いつもならば通りすぎるこの場所。
長福院。
真言宗豊山派のお寺らしい。



IMGP8051.jpg
盛岡市指定文化財

名称:愛染明王像
所在地:盛岡市中ノ橋通1-3-17
指定年月日:昭和41年10月18日
説明:(略式で)
・斗米山(とっこべさん)長福院(真言宗永福寺末寺)に伝わった
 三面八臂(さんめんはっぴ・三つの顔八本の腕)の珍しい愛染明王像。
・一般的には一面六臂。
・愛欲や煩悩をそのまま菩提心(悟りを求める心)に変える力。
・諸願成就、恋愛成就。
・三面八臂は馬頭観音像の影響。
・染物職人の職業本尊。
構造:木彫寄木造・玉眼・彩色
像高:72.5センチ 総高:199.5センチ

愛染明王像は中央公民館にあるようだ。



IMGP8052.jpg
こちらは仁王像。
吽形(うんぎょう)。


IMGP8053.jpg
阿形(あぎょう)。


IMGP8038.jpg
実は門の上を見てみると
動物の彫刻が。

どうやら十二支が彫られているらしい。

ウシ、ネズミ



IMGP8039.jpg
イノシシ、ワンコ、トリっこ



IMGP8041.jpg
おサルさん



IMGP8042.jpg
ヒツジさん、おウマさん、ヘビっこ



IMGP8044.jpg
たつ、ウサギさん
寅?

トラだけ伝わりにくい。
ちょっと、カバっぽい。


IMGP8046.jpg
奥の本堂には獅子の彫刻があった。
写真ぶれる。



IMGP8047.jpg
前見た龍や獅子(永泉寺・大慈寺町)よりも細かいかな。
こちらのほうが。



IMGP8040.jpg
不動明王っぽいかたが

このお水は飲めません

と教えてくれます。

ところで
剣を持っていないように見えるのですが
どこへいったのでしょう。
それともこれは不動明王ではないのかもしれない。

ここはいろんな彫刻が見られるお寺さんだった。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。