スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農耕馬と鈴の音とあねっこ、滝沢村盛岡市、チャグチャグ馬コ2012。

6月の第2土曜日。

肴町アーケードで滝沢駒踊りを見た後、
岩手銀行中ノ橋支店前へ。



IMGP7961.jpg
ここにもチャグチャグ馬コがやってきた。

チャグチャグ馬コは国の無形民俗文化財。
いわゆる、農耕馬といわれる馬で
馬の中では重種の部類。
たぶん、ペルシュロンとかブルトンとか
そういった種類が混ざっているのではないだろうか。
日本輓系種とか言うらしい。

現在、実際に農耕馬で働いているのはあまりないと思う。
時々、テレビで
山間の機械が入れないような場所で
切り出した木を運ぶのに使っているのは見たことはあるけれど、
(遠野のほうでやっていたような)
チャグチャグ馬コに出ているものは
チャグチャグ用として飼われているのではないだろうか。



IMGP7966.jpg
大人たちのあとは
子どもたち。

女子は雫石あねっこの衣装。



IMGP7975.jpg
右の写真撮っている人。
たぶん、盛岡の広報の人っぽいけれど、
がんばって撮ってます。
カメラを向いてもらおうと
手を振っています。

今回はこの広報の人が入っている写真を
あえてチョイスしてみました。



IMGP7990.jpg
子馬さんもいっしょに歩く。



IMGP8007.jpg
そして最後は
馬糞回収用の清掃車がついていく。
この清掃車が通ると、
チャグチャグ馬コは終了の合図。

中の橋手前で
中津川へ行く馬コと
八幡宮へ行く馬コとわかれるので
中の橋以後のチャグチャグ馬コの列は短くなっている。



IMGP8008.jpg
その中津川河川敷。
雨が降る中、やはり人がたくさんになっている。
傘が川沿いにずらりとならぶ。

チャグチャグ馬コは終わったばかりで
あたりは人が多く往来していた。
中の橋の歩道や岩手銀行中ノ橋支店近辺は
これまた普段では見ることのない人の流れ。
なので、少しここでまってから
中津川河川敷に向かおうと思う。

待っていると、
チャグチャグ馬コを見に来たと思われる人々が
これから始まるの?的な人がいた。
残念ながら・・・。
短いんです。チャグチャグ馬コは。
歩く人は15kmも歩いているけれども
見る側は数十分。
しかも、予定時間は目安で前後する可能性がある。
なので、早めに来ることをお勧めします。

でもお子さんのいるところは
待つことに飽きてしまう、ということがあるから、
難しそうですね。
そのあたりの対策も必要そう。

人の流れが少なくなってきたので、
中津川河川敷に向かった。

つづく。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。