スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4本の保存樹木を抱えるお寺、盛岡市大慈寺町(永泉寺)、「盛岡市保存樹木第9号・10号永泉寺のケヤキ」「盛岡市保存樹木第11号永泉寺のアズマヒガン」「盛岡市保存樹木第32号永泉寺のカツラ」。

5月のてどらんごがあった土曜日。
鉈屋・大慈寺方面へ行ったので
ぜひ、行ってみたいお寺があった。



IMGP7595.jpg
永泉寺。
1575年からある曹洞宗のお寺。
ここには盛岡市保存樹木が4本もある。
お寺や神社には木がそのまま残っている場合が多いので
大きな木があることが多い。
保存樹木に指定されていない場合でもなかなかの木があって、
いずれは見て回りたいと思っている。

まず、入口に存在感のあるケヤキが2本ある。




IMGP7596.jpg
左側。

永泉寺のケヤキ
推定樹齢280年 指定番号9号 昭和47年11月25日

今から数えると推定樹齢は約320年。



IMGP7611.jpg
右側。

永泉寺のケヤキ
推定樹齢270年 指定番号10号 昭和47年11月25日

こちらは推定樹齢約310年。
どちらもだいたい同じ樹齢のようだ。



IMGP7597.jpg
幹の太さがすごい。
緑がきれいで豊か。
2本とも仲良く。



IMGP7598.jpg
永泉寺の中に入ると左側にあるのが



IMGP7599.jpg
永泉寺のアズマヒガン
推定樹齢240年 指定番号11号 昭和47年11月25日

今だと推定樹齢約280年。

桜が咲いているときに来るんだった。
アズマヒガンはエドヒガンの別の呼び方らしい。

石割桜や雫石の弘法桜と同じ品種ということになる。
でいいのか?





IMGP7601.jpg
最後の一本は、
お墓のところ。
ちょっと失礼します。



IMGP7602.jpg
この丸っこい葉っぱ。



IMGP7603.jpg
永泉寺のカツラ
推定樹齢140年 指定番号32号 昭和49年2月1日

今だと約180年の樹齢。

カツラは盛岡市の木。
ちなみに盛岡市の花はカキツバタ。

盛岡だとカツラよりもシダレカツラのほうがよく見かける。
国指定天然記念物のシダレカツラがあったりするので、
カツラよりもシダレカツラを植えてあるのをよく見かける。

モリオカシダレ(桜)があったりシダレカツラがあったり、
シダレヤナギなんかもあったりと、
シダレた木が結構ある盛岡。



IMGP7604.jpg
カツラの木の下には
殻がたくさん落ちていた。
こういったものも、なかなか見ることがない。
地味ですけれども。


やっぱり、緑には青空がよく似合う。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。