スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わった衣の唐揚げと存在感のある大根の豚汁、盛岡市中央通、キッチンきむら。

5月のある日。

用事で大通りへ行き、
その用事が終わったのは昼過ぎだった。

今から家に帰って昼ごはんを作って食べると、
結構遅めの昼食となりそうだったので、
近場で食べることにした。

場所が大通り商店街のクロステラス側だったので、
一度行ってみたと思っていたお店へ。

大通りの一本裏側にあるお店、

キッチンきむら

へ行ってみることにした。
近くには
山頭火や小料理しゅんがある。

キッチンきむらの場所って住所が中央通になっていて、
そこが大通りではないことを知る。

どうやら、このお店写真撮影&掲載がNGっぽいお店ようだ。(許可を取れば可。)
このブログは基本的にお店の外観しか載せていないけれども、
(お店の場所がどこにあるか参考にしてほしいためと、
個人的に記録用)
今回は、写真掲載はしない方向で。

お店は1階にあり、
看板も大きくあるので迷わず行けると思う。

時間は12時30分~45分くらいで、
少し遅めのランチとなる。
お店に入るとお客さんが数組いて、
席はだいたい埋まっている様子。
お店自体がそれほど大きくなく、こじんまりとしていて
カウンターのところにはワイングラスがさかさまになってぶら下がっている。

カウンター席一番奥に座り、メニューを見る。
ランチ金額は680円~980円くらいまで。
100円プラスでコーヒーがついてきたような気がする。

生姜焼きも捨てがたいけれども
680円の唐揚げ定食を注文して待つ。


実は記憶が結構あいまいになっているので、
違っているかもしれません。

やってきた唐揚げ定食は
ご飯、豚汁、唐揚げと後ろにキャベツなどのサラダ、小鉢。
唐揚げの衣がちょっと変わっていたのが印象的。
スナック菓子のようなザクザク?といった食感の衣で
その食感がおもしろい、というのは覚えている。
(スナック菓子というのはちょっと語弊があるかもしれないけれど・・・)
それと、豚汁の量が結構あった。
これだけでもお腹いっぱいになりそうだった。
豚汁の豚肉が白金豚らしいけれど、
そのあたりはよくわからず。
個人的には豚肉よりも
大根の大きさに注目がいった。
食べごたえのある大根の大きさで
大きくても、もちろん、中まで火がきちんと通っているし、
やわらかすぎず、しっかりと存在感がある大根だった。
やわらかいのもいいけれど、しっかしとした大根もいい。
こちらの豚汁は、
いろんな素材を入れて煮た、というよりも
どこか整った感じがある豚汁だった。

女子にはちょっと多いかな、と思う量。
けれど、食べられないくらいの多さでもないと思う。

おなかいっぱいになりました。
ごちそうさまでした。


キッチンきむら
019-651-5575
盛岡市中央通2-11-8 箱石ビル 1F
11:00-14:00
18:00-22:30(L.0)
定休日:日曜日

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。