スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今も昔の盛岡の中心、盛岡市内丸、盛岡町名由来:内丸・大手先。

とりあえず、内丸の町名由来まとめて。
岩手県公会堂の敷地内、
岩手県庁交差点のところにひとつ。


IMGP5486.jpg
内丸

・城下の構成は、城の警護を最重要とした。
・城は北上川、中津川に囲まれていたけれど、西側のみ地続きでそこが城の大手。
(大手:城の正面)
・中津川の上の橋下流から水を引き、西側に赤川と結ぶ外堀をつくる。
・外堀の内側が内丸。
・内丸には六百石以上の屋敷が連なる。
・幕末当時の主な重役は、南部弥六郎(遠野南部)、南部監物(けんもつ)(北家)、
 桜庭祐橘(ゆうきつ)(大桜庭)、楢山佐渡、東中務(つかさ)等であった。
(家老南部弥六郎の屋敷は遠野にあった。)


IMGP6807.jpg
内丸の東屋 大手先店前にもひとつ。


IMGP6806.jpg
大手先

・盛岡城の表門は綱御門(つなごもん)といって、県庁前から桜山神社への入口のところ。
・内丸には、北に大手御門、東に中の橋御門、西に日影御門があり、御番所がおかれ厳しく取り締まっていた。
・大手御門は内丸座のところにあった。本町の出入り口。
・大手御門通りには西側には
 南部弥六郎(一万二千石余)
 楢山佐渡(千二百石余)
 東側には
 南部吉兵衛(三千石)
 八戸内記(千五百石)
 など重臣の大きな武家屋敷があった。
・明治維新後、大手御門も武家屋敷も取り払われた。

内丸座はSY内丸という映画館になった。
新聞下に書いてあった映画館別の上映映画名。
一番最初のほうにSY内丸の文字があったのを覚えている。
けれど、一度も行くことはなかった。

昔の映画は2本立てが普通で、(小さい頃のはなし)
4時間くらい見ていた。
メインのと、ちょっとマイナー、B級っぽい映画と。

内丸座の場所は今、トーカンジェネラス内丸というマンションになっている。
県庁から東屋すぎて、ダイヤパーク内丸駐車場、マルフジ内丸駐車場のあるところの交差点。
そういえば、その交差点に古いちょっと錆びた角棒がたってある。

町の名前ひとつとっても
歴史がつまっているようです。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。