スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡侍が住んでいたところらしい、盛岡市大通、盛岡町名由来:仁王小路。

4月だけれども
雪が降った日。


IMGP6798.jpg
今年は盛岡町名由来をすべてまわる。
ということで
用事がある場所へ行く途中にあったので
行ってみた、桜城小学校。


IMGP6796.jpg
仁王小路

・平安時代に仏像群を残す古寺があった。
・江戸寛文期(1660)に古寺廃され、侍町となった。
・仏像は明治に東楽寺(とうらくじ)に移す。
・仁王の由来は、古寺に仁王堂があったから。
・侍諸士の二、三男独立。人増えたので、
 仁王新小路、帷子(かたびら)小路、新山(しんざん)小路、造る。
・侍町には三十か所ほど辻番所があった。他国者は原則通行不可。
・三戸町と仁王小路の間には仕切門。町人は許可なく通ることができなかった。
・延宝元年(1673)北上川切り替え工事。
・新土手(新築地)が築かれ、旧河床は古川。(北上川が流れていたところ古川)
・大沢川原に新たに大沢川原表小路、裏小路の侍町が造られる。
・仁王小路などとの連絡路として、古川を渡る二本の縄手道(なわてみち)が設けられた。

※東楽寺は玉山にある。玉山支所前食堂方面で、さらに奥に行くようだ。城内小の近く。
※辻番所:江戸で辻斬り防止のために置いたのが始まり。
※北上川は昔、大通りや岩手公園西側あたりを流れていた。
※縄手道:あぜ道。

このあたりには侍の人たちが住んでいたのか。


IMGP6799.jpg
近くにあった気になったもの、その1。
歩道をガードする柵に何か付いてる。


IMGP6797.jpg
近くにあった気になったもの、その2。
座って右手に何かもっているようだけれども、
ほっとかれている感があって
なにかさみしい。


グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。