スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての100%チョコ、盛岡市中ノ橋通(necco)、DOMORI:「イル100%」「アプリマック」「アッリーバ」。

3月のある日。

中ノ橋通にある雑貨屋necco(ネッコ)で購入した


IMGP6768.jpg
チョコレートを食べる。
イタリアのチョコ。

DOMORI(ドモーリ)
この会社が出来たのは1994年。
この会社は世界で初めて100%カカオチョコレートを作った会社らしい。
カカオの木も原種に近いものを育て、管理しているとのこと。


IMGP6769.jpg
その100%カカオのチョコレート。
イル・100% 25g 473円。

100%カカオ。
つまり、砂糖なし。カカオバターもなし。
カカオマスのみ、ということだと思う。
苦いイメージがあるかもしれないけれど
ビター感はあまりないと言っていい。
甘くもないけれども。
数種類のカカオをブレンドして作ったこのチョコは
味が複雑に変化して
食べていて面白い。
いろんな味がやってくる。
フルーツのような味がやってくると思えば
渋い感じのもあって
フルーツのような酸味の種類も1種類ではなく、
複数の味を感じる。

こういうの食べてしまうと
お買い得市販チョコが食べられなくなってしまいそう。
いや、普段食べてないけどね。

衝撃です。これは。
こんなチョコがあったなんて。

ただ、これは
あまーいチョコが好きな方は向かないでしょう。


IMGP6770.jpg
というかたにはこちら。
カカオ70%のタイプ。
こちらのシリーズは
カカオは1種類で作られていて
カカオの豆別に6種類あるタイプのチョコ。
そのうち2種類買ってみた。
ひとつ50円。

アプリマック(トリニタリオ品種 ペルー産)
後味が面白い。
フルーツのような酸味と甘みを感じる。
かおりもフルーティで
なにかフルーツジュースを思わせるようなくらい
フルーツ感の幅がある。
けれど、これはカカオが持つ味なんだろう。


アリバ(アッリーバ)(ナショナル種 エクアドル産)
独特の渋みとジャスミンの花のような香りが特徴らしい。
食べてみると、これはカカオのかおりは強いほうで
ビター感がある。
コクもあってとろりとした口どけ。
ジャスミンはよくわからなかった。

カカオ豆の品種を意識して
食べたり買ったりするのも
面白いですね。

ごちそうさまでした。


IMGP6771.jpg

DOMORI 輸入会社
ノンナ・アンド・シディ
http://www.nonna-and-sidhi.jp/chocolata/index.php

【中ノ橋のお店は老朽化により閉店】
necco(ネッコ)
盛岡市中ノ橋通1丁目4-15
019-604-1755 
12:00~18:00 
営業日 金・土・日・月曜日(変更あり)
http://necco-craft.jp/index.html

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。