スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のところ液だれなしのしょうゆ差し、キッチン用品、「製造:北洋硝子」「販売:アデリア(石塚硝子)」:ルジェ 豆醤油。

最近購入したもの。


IMGP6740 (2)
購入先は楽天の厨房屋。

確かに楽天の
押し付けてくるような情報の表示やメールは
正直、うんざりだけれども
それでも、その中に良い商品や良いお店はある。

今回の商品は
別に楽天でなくても買える。


IMGP6741.jpg
硝子のしょうゆ差し。


IMGP6742.jpg
液だれしないしょうゆ差しを探していて
しかも、硝子が良かったので
これを購入してみる。

売る側として
液だれしにくい、と言うのは
人の作るものだから絶対はないし、
苦情回避でもあるけれど、
これはなかなかです。

ルジェ 豆醤油(65cc)
販売はアデリア。石塚硝子の販売会社。
製造は北洋硝子。
工房は青森にある。
身近なところで作っていたんだ。
青森県の伝統工芸品である津軽びいどろも北洋硝子で作っているようだ。
(※ネット調べ。もしかしたら同名他社で違うところが作っているかもしれない。)


IMGP6744.jpg
液だれしないのは、
この溝のおかげ。

どういう仕組みかと言うと
しょうゆを入れる側の容器とフタ、両方に溝があって、
容器の溝は途中までしか入ってなく、
その溝とつながるようにフタの溝へとつながっていく。
しょうゆは容器の溝からフタの溝へつたって出る。


IMGP6746.jpg
傾けたときに
フタ側につたって出るしょうゆは
傾けを戻すとき
フタ側をつたって戻るため、
容器のふちなどにしょうゆがつくことはまずなく、
液だれして容器の底にしょうゆがつくこともない。
(実際には動画を撮ったほうがわかりやすいんだけれども。)


IMGP6748.jpg
これは少量のタイプで
ほんと小さい。
家族で使うと、たぶん、すぐなくなる。
けれど、この小ささがまたいい。

使って1ヵ月くらいたつけれど
液だれはなし。

しかも、
フタの溝と容器の溝をずらすように
フタをちょっと回転しておけば
しょうゆがこぼれるのを防ぐこともできる。

昔からある商品なのかはよく知らないけれど
よく考えたものだ、と感心してしまった。

今ではお気に入りのひとつとなってしまった。

もちろん、通常の動作とはかけ離れた使い方をすれば
液だれはするかもしれない。
普通に使う分には今のところ、液だれはなし。

このサイズで700円ちょい。
定価はもうちょい高いと思われる。
サイズによってお値段はあがる。

今回は同梱で他の商品も買ったけれど
単品だと送料負担が大きい。

このほかにソース用というのも売ってあった。

大事に使っていきたい。


石塚硝子
http://www.ishizuka.co.jp/

アデリア
http://www.zakka.net/aderia/

北洋硝子
http://www.tugaru-vidro.co.jp/newpage14.html
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。