スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無添加のやさしいみりん干し、盛岡市菜園(らら・いわて)、木村商店:さんま一夜干し(みりん干し)。

2月のある日。
干物のおいしさを再認識し、
やはり、さんまのみりん干しが食べたいと思った。
スーパーで売っているものでもいいけれど
味付けが合わないので


IMGP6635.jpg
木村商店の干物を買ってくる。
一夜干し(みりん干し)。

木村商店は山田町にあるお店で
被災したお店のひとつ。
いか徳利で有名だと思う。
創業明治41年の老舗。

住所を見ると、
新田工業団地となっており
工場を移転したようだ。
今まで仮設作業場で作っていたけれど
今年の2月からはこちらの工場で稼働とのこと。

木村商店の店舗は
盛岡のらら・いわて内にあって
去年の6月から販売を再開している。

木村商店の詳細記事はこちら。
[en]ブログ 内の木村商店
http://miwate2.blog.fc2.com/blog-category-12.html

IMGP6636.jpg
ちょっとわかりにくいけれど
添加物がないのがいい。
保存料がないのがいい。

こちらは冷凍商品なので
賞味期限も長め。

味はというと
やさしい味のみりん干し。
スーパーのみりん干しだと、
結構味強めの味付けだったり
甘すぎたり、しょっぱすぎたりと
なかなかバランスが取れていない場合が多いけれど
(個人的にはそのアンバランスな感じも嫌いじゃないですけれども・・・)
こちらは
甘すぎず、しょっぱすぎず、バランスのとれたやさしいみりん干しとなっている。
きちんと焼くことができれば
さんまのうまみを味わえる。
さんまのみりん干しって
焼き方失敗して焦す経験を何度も味わっているので
ここはおいしく食べられるように
グリルの窓からじっとみりん干しをのぞきながらの焼き。
片側3~4割、もう片側7~6割で焼くっぽい。(よく詳しくは知らないけれども)

スーパーの甘すぎるみりん干しが合わない人や
やさしい味付けのみりん干しを食べたい人には
相性はいいと思う。
お値段はスーパーのものよりも倍はするけれども
そのくらいの価値をあっていいと思う。無添加ですし。

ほかにも
さばの一夜干しなんてのも売っていたので
次はこちらを試してみたい。

ごちそうさまでした。


木村商店
山田町豊間根7-30 新田工業団地
0193-83-5510 
http://tokkuri.co.jp/

らら・いわて
盛岡市菜園1-3-6 農林会館1F
019-626-8178
10:00~18:30 
定休日:毎月第2水曜日
http://www.iwatekensan.co.jp/02lala/

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。