スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズとぽんかん、盛岡市菜園(川徳B1F)、ダンディライアン。

2月のチョコ菓子があちらこちらで見かけた日。

ブラッと川徳の地下へ。
ダンディライアンでジェラートとする。

私が川徳へ行く理由はまずこれ。
ジェラートを食べに行く。
ここのジェラートは時期によって
あれこれと種類が変わるし、種類が結構豊富。
いろんな種類のジェラートが並ぶけれど
どれもハズレがなく、(食べた中だけの判断ですが)
作る人、バランス感覚がいいなぁ、と
いつも感心しつつ、食べる。

ミルク系とシャーベット系があって、
いろいろな客層があるデパートならではの対応だと思う。

いままで行った盛岡や周辺のジェラート店で
種類の豊富さと時期による変化が多いジェラートは
ここが一番のような気がする。

いつもならば盛りつける人はおばちゃんだったりするけれど
今日は店主っぽい、ジェラート作っている人が店頭にいた。

ダブル330円。
コーンはワッフルにしてもらい、
どのジェラートにしようか迷っていると、
チーズのジェラートをおすすめしてくれた。
それと今の季節っぽい、ぽんかんのジェラートにする。


IMGP6502.jpg
おまけにチョコレートをつけてくれた。
この時期はチョコ菓子がわんさか売り場にあふれている時期で
ジェラートも3~4種類のチョコレートジェラートがあった。
それもよかったけれど、
チーズを勧めてくれたので、それにした。

こちらのチーズは(正式商品名はたしか違った。カマンベールチーズ?)
カマンベールとクリームチーズが入っているらしい。
そう説明に書いてった。

食べてみると
なんともチーズのコク、濃厚さがやってきて
けれども、そこまでしつこいわけでもなく、
食べやすい感じになっている。
確かにクリームチーズの味がする。
おすすめだけあって、なかなか好印象だった。

もうひとつのぽんかん。
シャーベット系ではなく、ミルクジェラート系。
ぽんかんの果肉つぶつぶがあって、
それがシャーベットになっている。
食べるときにシャリシャリとした食感がときどきやってきた。
ベースのミルクにぽんかん果汁が混ざっているのかもしれないけれど
そこまではっきりとわかる味付けとはなっていなくて
なんとなく、そうなのかな、くらい。

季節を味わうのもジェラートの楽しみ方のひとつ。

いつもながら安定感のあるジェラートで安心できる。
ごちそうさまでした。


ダンディライアン
盛岡市菜園1-10-1 カワトク食料品街 B1F
019-651-1111
10:00~19:00 ※川徳の営業時間による
定休日: 不定休 ※川徳の休館日

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。