スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃおしゃんのお茶っこランチ杏仁お茶っこお腹いっぱい、滝沢村、菜苑(さいおん)。

2月のある週末。
この日は


IMGP6408.jpg
滝沢にある菜苑(さいおん)へ。
コストパフォーマンスの良いランチで人気のお店らしい。
開店時間の11:30に行ったけれど
ほぼ、席は埋まっていた。
空いているのは大きなテーブルひとつで
相席になりますけれど、それでもよろしければ、ということで
一番奥の大きなテーブルへ。

メニューはランチを注文。
この日のランチは黒酢あんかけの酢豚だった。
酢豚好きとしては、ちょうどよかった。

それと中国茶も注文する。

実は本来の目的は
ここのランチではなく
こちらの中国茶であった。

というのも
しゃおしゃんのお茶っこが置いてあるお店だからだ。
盛岡やその周辺のお店でも置いてあるけれど
中華系のお店ではここだけのようだ。

しゃおしゃんは
雫石に工房があって、
お茶っこを焙煎したり、
イベント出張をしたり、
各お店で販売したりしている。
お茶っこはメインが中国茶だけれども
気仙茶(緑茶)なんてのもあったりする。

中国茶はなにがあるのか聞いてみると
壁に紙が貼ってあって
数種類のお茶が書いてあった。

しゃおしゃん以外の中国茶も置いてあるようだけれども
今回はしゃおしゃんのほうをチョイス。
中国茶はまったくわからないので
一番上に書いてあった
雲南黒プーアールにしてみた。
食前にたのむ。
料理は30分くらいはかかるとのこと。
ここのお店はひとりで作っているので時間がかかる。

注文後、雑誌を持ってきて読み始める。

お茶っこはティーポットがやってきた。
これに入っているらしい。
それとドライトマトもいっしょに。
何回でも淹れて飲めるとの説明を受ける。

見た目は、すごく黒っぽいお茶。
コーヒーとまでいかないけれど、黒い。
プーアール茶は中国茶の中で黒茶に分類されるお茶。
緑茶を発酵させて作る。
烏龍茶は半発酵で青茶に分類される。

まず、かおりがすごい。
独特。
なんだろう、なんていったらいいだろう。
なんか、豆系のお茶のかおりがする。(食べる豆の)
と書いてもなぁ。
けれど、これと似たかおりが記憶の中にあるんだよ。
なんだろう、と思いながら飲む。
飲んでみると、プーアール茶らしくすっきりとした味わい。
あの個性的なかおりとは正反対なくらいの味。
すっきりとはしているけれどやわらかい。
渋みがなくて、落ち着く味。
このギャップがちょっと面白い。
この独特なかおりは慣れればいいけれど、
人によっては好みがわかれるかもしれない。
そんなお茶っこを飲みながら雑誌を読み、
置いてきてはまた別の雑誌を持ってきて読み。
そんなことをしていると、相席。
初老の夫婦が座る。
座っているテーブルは丸いテーブルなので
真正面に向かいあうことはなく、
視線がお互いずれるので気を使うことなく相席。

そうしていると
黒酢あんがかかった酢豚くる。
ご飯は玄米を選択。
スープは大根とわかめの中華スープ。
サラダ、忘れた。
酢豚は衣をつけて唐揚げにした豚肉の上に黒酢の甘酢あん。
食べ終わると、
杏仁豆腐。黒蜜を選択。
杏仁豆腐も結構な量で
今まで食べた料理の味をリセットするがごとく、
やわらかく癒してくれる。

いろんろ楽しめて893円。
ランチバイキング好き女子には相性がよさそうな料理。
お腹いっぱいになる。

どちらかというと
中華料理を食べに行くというよりも
近所に定食食べに行ってくる感じで気軽に行けるお店。
本格中華ではなく、食堂的な感覚だろうか。
といっても、ランチだけの感想なので、
ほかの料理だとまた違ってくるのかもしれない。

その後、またお茶っこ。
ティーポットにお湯おかわり。
何回でも淹れられるお茶。
2回目になると、
先ほどのかおりやお茶の濃さは弱くなるけれど、
十分に飲める。
むしろ、ようやく普通のにお茶っぽくなってきた。

そして、ようやく記憶のかおりを思い出したような気がする。
黒豆茶っぽいかおりだと思った。
けれど、記憶があいまいなので違うかもしれない。

ティーポット2つ分でお茶っ腹になる。
これはひとりで頼むものではない。

しゃおしゃんのブログによると
これ、お茶っ葉3gで1ℓ飲めるらしい・・・。

この雲南黒プーアール、ティーポットで420円。
コーヒー1杯頼むと思えばいいかもしれない。

日本人の感覚として
コーヒーや紅茶にはお金を払うけれど
お店で出す緑茶や中国茶といった系統のものは
タダという感覚があったり、
コストパフォーマンスのよいランチを食べに来ている人達にとって
その半額のお金を出して頼む人は少ないかもしれない。
けれど、4人で来てティーポットひとつ頼んでも十分飲める。
ひとり105円。
(実際にそういう頼み方が出来るかどうかはお店の人に聞いてください。)

これは家用のお茶っこの仲間入りにしてもよさそうだ、と思いながら
お会計。

ごちそうさまでした。

しゃおしゃん
ウェブサイト:http://www8.plala.or.jp/xiaoxiang/
ブログ:http://xiaoxiang.exblog.jp/
しゃおしゃんのお茶っこが飲めるところ:http://xiaoxiang.exblog.jp/12779563/
しゃおしゃんのお茶っこが買えるところ:http://xiaoxiang.exblog.jp/12779305/

菜苑(さいおん)
滝沢村字穴口308-1
019-645-5768
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:木曜日

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。