スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田松原の松で作られたキーホルダー、盛岡市東新庄(復興関連商品)、復興girls*+STUDIO S@bo.(スタヂオ・サボ):松光(まっこう)。

1月のある日。

浜のミサンガを購入後、
そういえば、
岩手県立大学の学生が企画して作った
高田松原の松で作ったキーホルダーがあったことを思いだす。
去年のニュースでちらりと見た記憶があった。

けれど、記憶はあいまいだったので
ネットであれこれと検索。

誰が作っているのか、
どうやったら購入できるのか。
取り扱っているお店はあるのか。
さっぱりわからなかった。

調べていくと
作っている会社はわかったけれど
購入方法がわからない。

さらに調べていくと
どうやらその会社、手作り家具をメインに製作してるらしく、
盛岡の岩山入口付近にあるとのこと。

このキーホルダーを盛岡で作っていることに驚いた。
高田松原の松を使っているのだから、
沿岸かそこから近い地域で作っているのだろう、と思っていたので
まさか盛岡で作られているとは想像していなかった。

購入方法は
その製作しているところのウェブサイトから
メールで注文する。

なので、早速注文してみた。

高田松原の松で作られたキーホルダー「松光」(まっこう)。
種類は4種類で
幸(こう)、碧(みどり)、蒼(あお)、渚(なぎさ)。
それぞれキーホルダーに掘られてるデザインが違う。
色が違うわけではない。

あれこれと検討した結果、
一番手がかかっていそうな渚にする。

発送してもらうのもいいけれど、
せっかく盛岡に住んでいるのだから
直接取りに行ってみよう、と思いメールで相談するとOKとのこと。
代金もそのときに払うことに。
前日にメールで行くことを伝え、
取りに行った。


IMGP6495.jpg
松光は麻の袋に入っていた。
これは復興girls*手作りの麻袋。


IMGP6496.jpg
岩手県立大学の復興girls*と
STUDIO S@bo.(スタヂオ・サボ)のコラボ商品。


IMGP6497.jpg
これが高田松原の松で作られたキーホルダー「松光」の渚。

別のデザインで蒼(あお)というのがあるんだけれども
それはこのキーホルダーの3つの丸の間隔をせまくしたデザインで
たぶん、海の中の気泡が上がるところをイメージしていると勝手に思ったけれども
この渚(なぎさ)は、
気泡のようなデザイン=海、と記号化して
それに波打ち際の曲線を足したようなデザイン。
だと、勝手に思ったけれど
間違っていたらすいません。


IMGP6498.jpg
裏には
Takataの文字に松の葉のデザイン。

キーホルダーは
持った感じはすごく軽く、
すごくスベスベした触りごこち。
オイルを塗って仕上げているようだ。


IMGP6499.jpg
使用した高田松原の松は
きちんと放射能検査を受けているもの。
一時期、有名になってしまいましたからね。
こういった情報は使う側としてうれしいし、必須。

1,900円の内、200円は義援金となる。
高田松原関連に使用されるようだ。

最近発足した復興庁の看板にも使われた高田松原の松。

またひとつ、記憶を手に入れました。


地域貢献イベンターIPU*~復興girls*~
http://www.facebook.com/fukkougirls

手作り家具 STUDIO S@bo.(スタヂオ・サボ)
盛岡市東新庄2-25-20
http://www.studio-sabo.com/

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。