スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点下の夜にやわらかい明かりvol.2、盛岡市内丸・八幡町、もりおか雪あかり2012。

もりおか雪あかりに行った日。
つづき。

もりおか歴史文化館から岩手公園内を通る。
岩手公園内では雪あかりはなく、
まわりににぎわいとは違って
すごく静かで外灯もところどころで
どこかさみしい感じもする。
そんな中、とぼとぼと歩く。
外灯のない暗いところは不安になり、
機能的に照らす外灯の白い光はさびしく感じ、
その気持ちを公園に悟られまいと
無心を装って
メイン会場を見降ろすことができる場所へ向かう。


IMGP6468.jpg
開会式なのか表彰式なのか、
何かやってた。
司会進行の声がスピーカーから会場に広がっていた。

LEDのイルミネーションもやっていた。

(個人的な勝手な感想ですが、
キャンドルのやわらかい明かりで統一したほうがいいのかもしれない
と思ったしだいです。)

さまざまな雪像が並び、そこにキャンドルの明かりが灯されていた。


IMGP6469.jpg
桜山神社へ向かう下り坂。
道が圧雪なので滑らないかと思いながら
少しずつ少しずつ下りて行った。


IMGP6471.jpg
坂を下りて
桜山神社の横あたりから
坂を見上げて。

個人的には
ここが一番好きだった。


IMGP6472.jpg
桜山神社前のスペースに氷の彫刻。
辰年にちなんで、龍。

奥にはお休み処的な場所が。


IMGP6473.jpg
外側から写真を撮る人たち。

なんだろう、別に中に入ってもいいみたいだけれども
そういった人はあまりいなかった。
無意識的な協調性か、と思ったけれど、
よく考えてみると
ライトががっつり当たっているから
中に入ると目立ってしまうから、
だれもいかないのか。

氷点下の夜をやさしく灯す雪あかりは土曜日まで。

ところで
雪あかりを見に来ていたおっちゃんが
防寒着のふところのところに
ニャンコを入れて歩いていた。

ふところニャンコ。

大人しく顔出していたよ。


もりおか雪あかり2012
2/9~2/11
17:00~20:00
メイン会場 岩手公園、もりおか歴史文化館
サブ会場 
盛岡駅前広場,菜園通り,八幡町,中の橋周辺,
MOSS,青山駅周辺,東大通商店街(桜山),岩手県公会堂

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。