スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点下の夜にやわらかい明かりvol.1、盛岡市内丸・八幡町、もりおか雪あかり2012。

2月のもりおか雪あかりの日。
行ってきた。

普段、夜は出歩かないので
夜の撮影は不慣れで
しかも、コンデジなので
うまく撮れるかどうか不安のスタートだった。
けれど、練習だと思って行ってみた。

気温は氷点下。
どんどんと下がっていく。
手の感覚がどんどん無くなっていく。


残念なお知らせですが
うまく撮れていません。
それぞれでなんとなく雰囲気をくみ取っておくんなまし。



IMGP6444.jpg
まず、八幡宮へ。
ここでも雪あかりがあるとのことで行ってみた。
サブ会場。

どうやら、ここはロウソクの火ではなく、
そのように不規則に点滅するライトだった。
たぬきっぽい感じだ。

さらりと観終わったあとは、
移動。


IMGP6448.jpg
内丸緑地。
サブ会場。

どうも、まわりの外灯や建物の明かりが強すぎて
ロウソクのやわらかい明かりを楽しむことが半減している、という
欠点を発見してしまう。
(行くタイミングが悪かったのかもしれない。
ほかの会場でも見られた状況。
けれど、暗すぎると歩くのが大変で
坂なんかは凍っているので危ない。)

スタッフの方々が点灯中だった。
メイン会場へ向かって移動する。


IMGP6452.jpg
モンタン裏の亀ヶ池。
桜山界隈でも雪あかり。


IMGP6455.jpg
メイン会場の一つ。
もりおか歴史文化館前へ。
氷の彫刻があった。
その後ろには暖かそうな場所が。
たぶん、三陸復興屋台村だと思われるけれど、確認はしていない。


IMGP6456.jpg
沿岸地域の小学生のメッセージが書かれたキャンドルアート。
だと思われる。
紙コップにそれそれメッセージが書かれているみたいだ。


IMGP6457.jpg
おっちゃん、点灯中。
こういったスタッフの方々で支えられています。
ありがとうございます。


IMGP6459.jpg
みなさん、写真を撮ったり
足を止めて見たり。

近づかず、遠くから見ておく。
どういうものかは、実際に行ってみてください。
あるいは他のブログで見るとか。

つづく。

もりおか雪あかり2012
2/9~2/11
17:00~20:00
メイン会場 岩手公園、もりおか歴史文化館
サブ会場 
盛岡駅前広場,菜園通り,八幡町,中の橋周辺,
MOSS,青山駅周辺,東大通商店街(桜山),岩手県公会堂

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。