スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギとともにフランボワーズ、盛岡市緑が丘(マルイチ緑が丘店)、【閉店】エッコ ラ ジェラーティ緑が丘店。

1月のある日。
高松あたりまできたので


IMGP6338.jpg
緑が丘のマルイチへ行く。
というのも、
ここでジェラートが買えるらしい。

八幡平にあるエッコ ラ ジェラーティのジェラートがあるとのこと。
安比の近くにあるお店には1回しか行ったことがないし、
記憶もあまり定かではないので
比較はできないだろうけれど、
あのときは好印象だった気がする。

産直売り場のところに
ジェラート屋さんはあるので
産直で買い物したあとにジェラートを購入。


IMGP6336.jpg
ダブル400円。ネギとともに。
もちろん、氷点下。
値段は平均相場からはちょっと高めかもしれない。

ミルクとフランボワーズチョコ。

今知ったけれど、
フランボワーズってラズベリーのことだったのか。
知らなかったよ。
ラズベリーをフランス語にするとフランボワーズ。

まず、ミルク。
商品名はフレッシュミルク?
よく見てこなかった。

食べてみると、
練乳のような濃さと粘度をもったジェラートだった。
たしか、ここのミルクってさっぱりしたミルクの素直な味がしたような。
記憶違いだっただろうか。
それとも、変更したのか。
それとも、牛乳の季節変動か。
よくわからないけれど
練乳のようだった。
濃さも甘さも後味も。
濃いのが好きな人用かな。

フランボワーズチョコ。
これが面白かった。
チョコレートで中にラズベリーのソースが入ったものがあるけれど、
それを想像させる味だった。

ちょっと、ボロボロとした感じのジェラート。
ラズベリーの酸味と甘さのあるジェラートの中に
細かく砕いたチョコが入っていて、
その食感を楽しんで食べるのもいいけれど
口の中で舌の上でラズベリーのジェラートとチョコレートを溶かすと
ラズベリーソースの入ったチョコを思い出させてくれる。
ちょうどよい甘さで
砕いたチョコのほかにラズベリーのツブツブ(種?)もあって
その食感がまたいい。
2種類の食感を楽しみつつ、ラズベリーとチョコのコンビも楽しみつつ。

氷点下、
エンジンを切った車の中で
買い物客が出たり入ったりしている入口をぼーっと見ながら
食べるジェラート。

ごちそうさまでした。

エッコ ラ ジェラーティ緑が丘店
0195-78-3834
盛岡市緑が丘4-10-34 マルイチ緑が丘店内
営業時間 10:00~19:00
定休日 マルイチ緑が丘店に準ずる
http://www.gelati.jp/

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。