スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっさりと年を越していった、盛岡市手代森、百壱 楠:年越しそば。

12月31日。

12月におそば屋さんを3店まわった。
それで今回の年越しそばは


IMGP6188.jpg
百壱 楠にした。
3人前で1,900円。
1人前約633円。
おそば屋さんで食べるのとあまり変わらない。
お店で食べると盛りそば650円。


IMGP6189.jpg
作り方が書いてある。
茹で時間は40秒とのこと。


IMGP6190.jpg
そばつゆ、ネギと大根も付いている。

23時30分ごろになると、
鍋にお湯を沸かしはじめる。
大根をすりおろし、ネギとともに薬味皿へ。
沸騰したら、だいたい半分くらいのそばをとり、
鍋に投入。
さっと茹でて、すぐにざるに取って
水道水でぬめりを取る。
冬の水道水はすごく冷たく、
そばを締めるのに適していた。
水を切って、皿に盛って、
そばつゆを用意して、
夜中にすするそば。
たぶん、私にとってはこの時間帯にそばを食べることは
年1回だけ。
テレビからバラエティの声と映像の光を浴びて、
その近くのテーブルで
そばと向き合ってコシや喉越しを感じながら
黙々と食べるとすぐに無くなって
飲み放題の蕎麦湯を飲みながら
テレビを眺める。
蕎麦湯はそばつゆで味をつけずともそのままでおいしい。
蕎麦湯が無くなったら台所へ行って足し、
テレビの前へ行って見ながら飲み、
無くなったら台所へ行ってと
部屋と台所を往復していると
お腹いっぱいになり、
それでも蕎麦湯はたっぷり残っていたけれど
後片付けに入って
年越し行事が終わる。

来年の今頃も年越しそばを食べるために、
お湯を沸かしているのだろうか。
その時の自分はどうなっているだろう。

年が終わってしまって始まってしまった。
なんともあっさりと年は越していった。
この当たり前のこと普通のことが大事なことだって、
誰もが実感したんだった。

前に進む年でありますように。
いや、少しずつ進もう。
その言葉を心の中に置くのだった。

ごちそうさまでした。


百壱 楠
盛岡市手代森14-16-70
019-696-1019
11:00-14:30
16:30-20:00
定休日:火
http://homepage3.nifty.com/101kusunoki/index.html

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。