スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡の定番そば屋、盛岡市大沢川原、やまや。

12月の年末が近づいている日。
そば屋めぐり2軒目。

とりあえずは
盛岡の定番とも言えるそば屋へ行っておこう、と思い


IMGP6137.jpg
やまやへ行く。

不来方橋から岩手女子校前を通って下の橋へ行けるようになったので
この渋滞。
ここで渋滞の姿を見るなんて
思っていもいなかった。


昭和の時代ならば
盛岡+そば=わんこそば、なんだろうけれど
今の時代は
盛岡+そば=やまや、と言ってもいいくらい、
盛岡の定番そば屋となってしまった。
たぶん、今盛岡で一番人気のあるそば屋といってもいいと思う。
立地が盛岡駅から歩いて行ける場所でもあるので
(ちょっと距離があるかもしれないけれど)
出張組も訪れるそば屋。

なのでいつも込む。
待つ、並ぶが普通のお店。
この季節、外で待つのは大変そうだ。
お昼時に行ったので、
当然、待つことになる。
幸い、中で待つことができた。

席が空いて、座敷の長テーブルに案内され
相席となった。
長テーブルを半分ずつ使って食べることに。
注文はシンプルに
3枚注文で
さらしな、挽き包み、だったん。
前もこのパターンだったけれど、
今回の目的はそば経験値をあげること、
年越しそばが買えるのかの確認。
ここはシンプルに食べることにする。

このお店は3種類のおそばが食べられる。
お店の説明では

挽き包み(ひきくるみ)
 そばの実をすべて、甘皮も一緒に挽き包みました。
さらしな
 実の中心部15%しか取れない純白のそばです。
だったん
 別名ニガそばは、少しにがい品種です。
 ポリフェノールの一種ルチンが多く含まれます。

とのこと。

相席となったサラリーマン組も
3種類頼んでいた。
それと、時間差をつけて持ってくることを注文時に言っていた。
どうやら、3種いっぺんにもってこられると
3種目あたりでそばがくっついてしまうことを経験したらしい。
そんなことを後輩に話しているのが聞こえてきた。

私も3種類注文したので
どうやら、その時間差指定が私にも適用したらしい。
一枚ずつ出てきた。

まずはさらしな。
きれいな白いおそば。
細く切られていて、
すするとスルッと口の中に入って、
スルッと喉を通っていく。
喉越しは前食べたおそば屋さん百壱 楠のほうが良かった気もするけれど
見た目の美しさはこちらがいい。

つゆは前食べた百壱 楠よりも
甘い。
対極な感じがする。
百壱 楠のつゆは甘くなくスマートな感じだったけれど
やまやのつゆは甘めで丸みを帯びた感じ。
つゆでもこんなに違いが出るものなんだ、と
そば初心者としてはいい勉強となった。

挽き包みは
さらしなよりもコシがあって
でもそばの細さはおんなじ。
さらしなよりもスルリとは入っていかないけれど
その分、そばを味わえる。

だったんは
さらにコシがあって、
いや、コシがあるというよりも
かたくなったといったほうがいいかもしれない。
ニガそばと言われるほど
苦さは感じない。
苦さをきちんと出してくるだったんそばを食べたことがあるけれど
こちらはあまり感じず、
ほかの2種類とは確かに味わいが違うかな、と思う程度で
ちらりと雰囲気を見せた感じ。

3種類食べられるというのはなんともうれしい。
しかも、一枚、367円。
よく、コストパフォーマンスの良いお店と言われるけれど
それは量に対する値段だけでなく、
質に対する値段のほうが意味合いが強いのかもしれない。

店内に流れるラジオ(だったような。音楽だったかな?)は
どこから聞こえてくるのだろう、と店内を見回すと
天井近くの壁からコードがぶらり。
小さなスピーカーがぶら下がっていた。
これは・・・、と思いながら見ていると、
その下にはそば打ちをするところがあり、
こちら側から打っている姿が見える。
その横の壁に年越しそばのことが書いてあった。
ここでも年越しそばはゲットできることを確認する。

そば湯を飲んでまったりしていると、
隣のサラリーマン組がすでに帰っていて
その後片付けをするおばちゃん。
天気や気温の話をしてきたので
昨日のことやこれからの天気の話を少しする。

込みすぎて、にぎやかな店内。
いそがしく動く店員さん。
ゆっくりとは出来そうにないので
そば湯をある程度飲むとお腹いっぱいでお会計。

次は込まない時間帯を狙って行きたいと思う。

ごちそうさまでした。


やまや
019-652-0808
岩手県盛岡市大沢川原1-1-16
11:00~20:00
定休日 日曜・祝日

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。