スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな木と石といっしょに見上げた空、盛岡市上飯岡、秋葉神社のスギとモミ(盛岡市保存樹木第68号)。

今回の保存樹木めぐり。
11月月末。

湯沢や上飯岡方面最後に訪れたのは


IMGP6016.jpg
秋葉神社。


IMGP6017.jpg
天気はくもり。
そろそろ日暮れ。
神社特有の鬱蒼とした雰囲気。
階段を上る。

ここの神社には2本の保存樹木がある。


IMGP6021.jpg
1本目は
網で覆われていた。
ある程度年齢を経過し、大きくなった木は
こういった空洞ができるのはよくあること。
まわりの部分で地面から水分や栄養を取る。

中に入らないようにしているのは
子供が入らないようになのか、
動物が入らないようになのか。


IMGP6022.jpg
この大きなスギは
この神社で一番だった。
階段を上ってきた段階で
その存在は確認でき
思わず、でけー、と声に出てしまった。


IMGP6023.jpg
2本目はモミ。
これも大きい。


IMGP6020.jpg
秋葉神社のスギとモミ 
推定樹齢 スギ360年 モミ150年
指定番号68号 平成7年4月27日


IMGP6025.jpg
神社の中心、神楽殿の前には大きな石。
これも大きい。


IMGP6026.jpg
スギの隣には切株。
空洞になった形跡があり、
たぶん、これも大きな木だったんだろう。

遠くから子供の声が聞こえてくる。
たぶん、近くの児童センターからだろう。
けれど、この場所は外界と区切られたような
なんとも特殊な感じがあった。

大きな木や大きな石という存在。
ちょっと高台にあって、
木々に囲まれて、
階段を上る前に見上げた空と
ここで見上げる空は
なにかが違う気がした。


秋葉神社のスギとモミ
盛岡市上飯岡9地割23番地

グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。