スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツコーヒーとあんぱん、盛岡市大館(raum)、可否茶店:アンジーブレンド。

11月のchuchu*la宅でキッシュやお菓子を買ったとき
小さなカップで出されたコーヒー。
それはすごく甘いかおりがして
味もその甘いかおりにあった甘さがあった。
フレーバーコーヒーだと
甘いかおりだけれども、味は普通の苦いコーヒーで
だまされた感があって、あまり好きではなかったけれど
このコーヒーはそういったことはなく、
かおりも味も甘いコーヒー。

宮古のコーヒー店、可否茶店のコーヒーでつくられたもの。
キッシュやお菓子といっしょに売っていたので買おうか迷ったけれど
コーヒーストックがあったためやめておいた。

そのとき、ほかに取り扱うお店があるかどうか聞いてみると
raumでも取り扱っているとのこと。

コーヒーストックがなくなったので
raumで買ってきた。


IMGP5953.jpg
可否茶店 アンジーブレンド。
深煎りのようです。

袋を開けると、バニラのような甘いかおりがやってくる。
この甘さは豆自体の甘さというよりも加工しているような感じがする。
さっそく淹れて飲んでみると
やはり、甘いかおり。
人によって、バニラ、キャラメルなどといわれるけれど
確かにそんな感じのかおりで
味も甘さがあって、
普通のコーヒーとは趣が違うのに
驚くかもしれない。

スイーツコーヒー。

気分転換にはいいかもしれない。


IMGP5952.jpg
パンも売っていたので買ってくる。
相馬屋のあんぱん。
宮古のソウルフード的存在のひとつなんだろう。
盛岡の福田パンのポジションだと思う。

このあんぱん。
こしあんで実はパンとあんの比率がすごく差があって
こしあんは少しなんだ。
けれど、これはこれで悪くないバランスで
パン食感を楽しむのとそのパンのおかず的役割を
こしあんがしていて
どちらかというとあんこメインのあんぱんが多いなか
相馬屋のあんぱんはパン生地とあんこ、いっしょで楽しむパン。
正直言うと、パンもあんこも特別なものは感じないけれど
そんなところがまた親しみやすいく、
意識せず、気軽に食べられる、という点でも
いいと思う。
市販のあんぱんとは違ったあんぱんで個性があるあんぱん。

どちらもごちそうさまでした。
宮古をいただきました。

raum
盛岡市大館町19-6
019-681-2678
11:01 - 19:00
定休日 木曜
駐車場 3台
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。