スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸から日陰を作りつづける、盛岡市緑が丘、旧奥州街道の松並木(盛岡市保存樹木第67号)。

保存樹木めぐり。
この日は市立図書館に行ったついでに


IMGP5788.jpg
アネックスカワトクの近くにある松並木。
実はこれも保存樹木に指定されている。


IMGP5784.jpg
旧奥州街道の松並木 推定樹齢80~160年 指定番号67号 昭和60年1月21日


IMGP5785.jpg
本街道 奥州道中
江戸日本橋を起点とする主要な五街道
のひとつで、奥州街道とも称されました。
江戸時代初め、幕府の命により街道沿い
に松並木や一里塚が整備されました。
奥州道中は、現在の国道四号線や東北
新幹線に相当する幹線道路として、参勤
交代をはじめ多くの人々が往来しました。
また本街道から枝分かれし、盛岡城下鍛
冶丁を起点に放射状にのびる脇街道とと
もに文物の従来を盛んにし、盛岡発展に
大きな役割を果たしました。
一里塚は、南から見前、川久保、鍛冶
丁(盛岡領内の一里塚元標)、上田、小
野松が置かれましたが、上田と小野松の
一里塚や松並木が保存されています。

※一里塚
大きな道路の側に1里毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)。
一里塚には榎(エノキ)などの木が植えられ、木陰で旅人が休息を取れるように配慮されていた。
(出典:ウィキペディア-一里塚

※一里=日本では約4km

松並木は休息場所、ということらしい。
ここで旅人は日陰で休息したにちがいない。
つまり、この松並木は


IMGP5787.jpg
このアネックスカワトク前にある
上田一里塚とセット、ということになる。
ちなみに、この上田一里塚にも昔は大きな松の木があったみたいだけれど
2004年の台風で倒れたようだ。
今、一里塚で成長しているのは2005年に植樹したもの。

昭和初期の写真を見ると、
このあたり一帯には松の木が道沿いにたくさんあったようで
ここにある数本だけの話ではないようだ。

確かに大きい松並木ではあるけれど、
それよりも歴史的な価値のほうが大きそうだ。

今まで街路樹、としか見ていなかったけれど
実は重要な存在だった。

この日も歩道に日陰を作っていた。


緑ヶ丘・黒石野商工業会 上田一里塚
http://1rizuka.com/history/1rizuka/1rizuka.htm

旧奥州街道の松並木
盛岡市緑が丘四丁目1番60号わき
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。