スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグカップがいっぱいで迷う、盛岡市紺屋町、ひめくり。

11月のある日。


IMGP5907.jpg
澄んだ青空の下、上の橋際のイチョウが葉を落とし始める。


IMGP5908.jpg
この日の目的。
ひめくり1周年ということで
マグカップ展が行われていた。

県内作家を中心としたマグカップ展。
実は気になっていた作家さんのマグカップがあって、
それを買おうと決めて向かった。

店内は結構な人がいて、
女性中心ににぎやかだった。
マグカップがお店の手前側に、
奥にはカレンダーや小物類があった。

早速、いつも通り店内をぐるぐるとまわりながら
マグカップを見始める。

だいたいが知っている作家さんのものだったけれど
初めてみるマグが多く、
これは気を引き締めないと、あれもこれもとなってしまいそう。

目的の作家さん、大沼さん(紫波)。
今年の夏、南昌荘で展示会があって
そのときは見るだけだったけれど、いつか買いたいと思っていた。
ドット柄のカップと織部が並んでいたけれど
お目当ての黒に白ドット柄のマグがない。
お店の人に聞くと、
1点しか入荷していなくて、開店と同時に売れたとのこと。
大沼さんのは常設展示なので気長にお待ちください、とのこと。

なんてことだ。

月単位で待たなくてはならないようだ。
ほかのお客さんも同じことを聞いていたみたいで
どうやら、人気ものみたいだ。

気持ちしょんぼりながらも
ほかのマグ見たり、
来年カレンダーを見たり。
盛岡では定番な感じがする
オガサワラユウダイさんのカレンダーをみながら
あれこれと。

店内のお客さんがたぶん3回転ぐらいは入れ替わったかもしれない。
それくらい、店内をウロウロし
マグカップを手に取り、
たまに、小物類や南部鉄瓶をみて、
また、マグカップを遠くから眺める。

これではきりが無さそうだと思い、
候補を絞り始める。

それで、今回はほかのマグとは違った存在だった


IMGP5973.jpg
秋谷さん(埼玉)のカフェオレボウルに持ち手がついたような
スープマグのような
大きめマグカップを購入する。

これで秋谷さんのカップは2つ目。


IMGP5974.jpg
粉引のやわらかい感じや
手に持った感じのすべすべ感が好きで
夏のひめくりの個展で出会って以来、好きな作家さんのひとり。
こういうタイプは持っていなかった。

容量を量ってみたら
8分目あたりで200mlくらいはあった。かな。


IMGP5975.jpg
しのぎ(ヘラで削ったもの)だけれども、
はっきりとしたデコボコ感はなく、なめらか。


IMGP5977.jpg
そのしのぎに沿って
薄くガラス質のようなものが垂れていて
持ち手にも同じく。
前回買った器にも同じようなものがあり
もしかしたら、この器も同様にリンゴの木か何かで
普段とは違った木を使って焼いたのかもしれない。
こういった偶然出来る模様が結構好きだったりする。
同じ器が2つあったけれど、ガラス質の濃いほうを選んできた。

作家さんによって
どの器もぴったり同じように作る作家さんもいれば
同じ形でもそれぞれ個性が出る作家さんもいて
性格とか価値観が出ていて面白い。
秋谷さんのは同じ形でもみんな個性があるほう。


IMGP5979.jpg
この器は薄く、口径が大きいので
飲み物を入れたとき温度が下がりやすいようで、
コーヒーよりは熱い飲み物、紅茶のほうがいいかもしれない。
個人的にはミルクを使った飲み物、カフェオレなんかをこれで飲んでみたい。

また、カップの仲間が増えました。

ひめくり1周年 マグカップ展
11月30日(水)まで。
県外作家 秋谷茂郎(埼玉)・大谷哲也(滋賀)ほか
県内作家 泉田之也(のだ窯)・大沢和義(陶來)・大沼道行・
     金沢秀徳(陶房金沢)・関口憲孝(平栗窯)・高橋昌子(クラフトマンスタジオ冬扇)

IMGP5997.jpg
それと、レジ付近にオガサワラユウダイさんの
ポストカード。100円。
全額、震災の寄付になるそうだ。

願えばきっと叶う。


ひめくり日記
http://himekurimorioka.blog76.fc2.com/

秋谷茂郎(あきや しげお)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~akiyamo/
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。