スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の衣をまといて空に手を伸ばすべし、盛岡市紺屋町、紺屋町長岡氏のシンジュとキヅタ(盛岡市保存樹木第79号)。

10月下旬。
今回の保存樹木めぐり。
紺屋町。


IMGP5705.jpg
上の橋から盛岡正食普及会方向の道。
その途中。
食べ物屋さんが並ぶ建物の裏にひょっこりと頭を出す樹木。
空に手を伸ばしているようで


IMGP5706.jpg
体に緑をまとう。


IMGP5707.jpg
ちょっとふかふかそうな感じ。
本体の木のほうはすでに葉をおとしているようだった。
枝だけになった姿のほうがちょっとユニークで面白い。


IMGP5708.jpg
紺屋町長岡氏のシンジュとキヅタ 
推定樹齢 シンジュ 100年 キヅタ 80年
指定番号第79号 平成7年4月27日

シンジュはニワウルシ(庭漆)とも言う。
漆といっても触ってもかぶれるわけではなく、別物らしい。
ウルシ科ではないようだ。
シンジュは漢字で書くと「神樹」。
中国原産。


IMGP5709.jpg
キヅタ(木蔦)は別名フユヅタ。
花を咲かせるのは10月から12月。
ちょうどその時期で、
近くへ行くとハチさんがブンブン飛んでいた。

本体がシンジュでフカフカの緑がキヅタだった。

ちょっと気がつきにくい場所で
意識しないとわからない木。
けれど、形が面白く、
たぶん、空に手を伸ばす姿とこのモコモコ具合が
保存樹木の決定要素のひとつになっているかもしれない。

いろんな木があるものです。


紺屋町長岡氏のシンジュとキヅタ
盛岡市紺屋町7番20号
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。