スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やわらかい服たちとキャレ、滝沢村(布花茶家*fukateaka 森のお店)、chuchu*la:キャレ ラズベリー。

10月のある土曜日。
この日は滝沢の長内工房へ向かった。


IMGP5682.jpg
というのも、
長内工房の隣で布花茶家*fukateakaの森のお店が
2日間だけオープンで今年最後のオープンだった。

布花茶家はオリジナルの服などをネット販売していて
森のお店は実店舗として年に数回オープンする。

森のお店も長内工房もはじめてです。

最初、表のほうに車を停めようとするも
停められず、
ちょっと先へ行くと駐車場の矢印を発見し、
従って行くと長内工房裏側だった。
そこに停めてお店へ向かう。

お店の前にはnagasawa coffeeが出店していて
テントの下に木のベンチが並び、
お客さんたちは座っている。
行ったときは家族連れが多く
子供がいてなんともにぎやかだった。

森のお店は木造の小さなお店で
入口で靴を脱いで中へ。
使いこまれた感じの時間のたった濃い木の色と
壁や天井の白がなんともよく、
手作りの草木染めカットソーをはじめ、
女性中心の商品が並んでいた。
奥の壁に添えつけられた棚には紅茶、
その下にはまな板や陶器のカップ。

入口付近にはマフラーがあって、
オリジナルデザインのパターンがあったり、
焼き菓子やコーヒー豆がおいてあった。

初めてみるものが多かったので
何度もお店の中をぐるぐるとまわり
手に取り、触り、商品を見て回った。
布関係のものは
やわらかさが感じられて、
こういったものを着た人は気持ちまでやわらかくなりそうな気がする。

あれこれ見たけれど、
今回は


IMGP5693.jpg
お菓子だけ買った。
キャレ・ラズベリー。

盛岡のchuchu*laというお店が作ったという焼き菓子。
こちらも初めて知る。

袋を開けると甘酸っぱいラズベリーのかおりと
焼き菓子のかおりがやってくる。
四角い焼き菓子のまわりにはラズベリーの粉らしきものがついていて
食べてみると
ラズベリーの甘さと酸味がやってきて
食感が軽く、ザクザクとしている。
この甘酸っぱさのラズベリーと
リズムのよいザクザク食感のコンビがなんとも良く
ちょっとクセになりそうな味だった。

こんなところにも
おいしい焼き菓子を作るお店が盛岡にあったのかと
うれしい発見。

ネットでお店を探すも見つからず
内丸茶房でお菓子を出していたりして
さらに探してみると
どうやら、自宅?でときどきやっているらしい。
キッシュなどもあるみたいなので
いずれは食べてみたい。

そもそも
「キャレ」とはなんだろう。
そういったお菓子があるのかと調べてみると
フランス語で「四画」を「キャレ」というらしい。
これはお菓子に限らず、四画のものをキャレと呼ぶようだ。
お菓子で四角いものはキャレと名前をつける傾向にあるようだった。
なので、クッキーだけでなく、ケーキにだって
チョコレートにだってつけられている。

キャレ・ラズベリーを買うと
隣の長内工房へ向かった。

つづく。

chuchu*laブログ
chuchu*la note:http://blog.goo.ne.jp/chuchula

内丸茶房ブログ
http://ameblo.jp/utimarusabou/

NAGASAWA COFFEE
http://www.nagasawa-coffee.net/

長内工房
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字後496-5

(終了)
布花茶家*fukateaka 森のお店
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字後496-5(長内工房となり)
布花茶家のブログ→http://fukateaka.exblog.jp/
布花茶家のHP→http://fukateaka.com/index.html

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。