スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD備忘録的な2本、ゲオでレンタル、「のりちゃんのり弁」「インビクタス/負けざる者たち」

IMGP5568.jpg
「のりちゃんのり弁」
解説
小西真奈美主演で贈るハートフルドラマ。東京の下町を舞台に、
子連れ離婚した30代の主婦が、お弁当屋開業を目指して奮闘する姿を描く。
監督は、「いつか読書する日」の緒方明。
「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美が手掛けた料理の数々も見どころ。
原作は入江善和の人気コミック。

あらすじ
永井小巻は、下町育ちの31歳。
ある日、夫・範朋のダメ亭主ぶりに愛想を尽かした小巻は、
娘ののんちゃんを連れて実家に出戻った。
まずは仕事を見つけねば、と面接を受けるもうまくいかず、
生活は苦しくなるばかり。
得意の弁当作りで新境地を開こうと決意した小巻は、
おいしい弁当屋さんを持つことを決意し、
小料理屋「ととや」の門を叩く。
そんな時、カメラ店を営む高校時代の同級生・健夫と再会する。
(出典:のんちゃんのり弁 - goo 映画

のり弁が食べたくなる、作りたくなる。
とりあえず、ほか弁ののり弁でも買ってこようかな、
けれど、映画ののり弁とは違うんだよなぁ
などと、のり弁のことで頭がいっぱいになってしまう。

出てくる料理がフードスタイリスト飯島奈美さんが手がけているとなれば
そうか、そうか、と納得してしまうし
ああ、食べてみたい。
飯島さんのレシピ本でも買おうかな、と
再度、決意させる。
実はいずれは買ってみたいと思っていた。

映画のほうはというと
グータラ夫とわかれる決意をして
シングルマザーで生きていこうとする主人公が
現在の就職難に直面するところから始まる。
何回も面接を落とされて
ようやく、現実を知る。
子供がいるから働く時間はかぎられ
経験もない彼女をどこも雇ってはくれず、
けれど、お金は稼がなくてはいけない。
夜の仕事を紹介してもらうも、
それも合わず。

働くこと、お金を稼ぐこと、その意味。
そういったことを問いかける。
娘ののりちゃんは主人公の彼女に
なんで働くの?的な質問を何回かしている。

自分が作っている弁当から
自分のやりたいことを見つけ
前に進もうとする。

結構観やすいように作っているようで
飽きさせないようにいろんな展開があって
気軽に見られるのではないだろうか。
映画というよりはテレビドラマの感覚に近いかもしれない。


IMGP5587.jpg
「インビクタス/負けざる者たち(INVICTUS)」
解説
ジョン・カーリンの原作を基に
「サウンド・オブ・サイレンス」のアンソニー・ペッカムが脚本を書き、
「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッドが監督したドラマ。
南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラと
同国ラグビー代表チームのキャプテンとの人種を超えた友情を描く。
出演は「ダークナイト」のモーガン・フリーマン、
「インフォーマント!」のマット・デイモンなど。

あらすじ
1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任した
ネルソン・マンデラだが、
新生国家の船出には多くの問題があった。
ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。
南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、
黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。
しかし、1年後に南アで開催される
ラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、
それが人種間の和解につながるかもしれない…と。
(出典:インビクタス/負けざる者たち - goo 映画

最初、スポーツものか、と
どうしようか迷い、
モーガン・フリーマン出ているし
けれど主役よりも脇役のモーガン・フリーマンが好きなんだよなぁ、
などと迷いながらも
借りてきた一枚。
クリント・イーストウッドが監督だったのか、と
このブログを書くときに初めて知る。

南アフリカで黒人初の大統領として就任したネルソン・マンデラ。
白人と黒人との対立があるなか、
ラグビーで優勝することで
みんながひとつになれる象徴を作ろうとする。

もともとはネルソン・マンデラの自伝が元で
ネルソン・マンデラに映画化されるとしたら誰に演じてもらいたいか、
という質問にモーガン・フリーマンの名前を挙げ、
それをきっかけにモーガン・フリーマンが直接会い、
自伝の映画化権を買い、
モーガン・フリーマンが
クリント・イーストウッドに監督を依頼したというもの。

スポーツもののパターンはある程度決まっているけれど
見るといつも、
見てよかったと思ってしまう。

確かにスポーツの力は大きい。
それは日本のサッカーにしたって、
日本の野球にしたって
見ていればわかること。
そのとき、一時的にせよ、
こんなに人がひとつになることなんて
あまりないもの。

今回も映画の世界を楽しむことができました。
ありがとうございました。

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。