スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡ドミニカン修道院のクッキー、盛岡市菜園(らら・いわて)、あすなろ園:ニックナック。

10月のある日。
なにげなく
らら・いわてに入る。
なにか目新しいものはないかと
店内を探索する。

店内入口付近に
再入荷のポップがあって
どうやら人気がありそうなお菓子があったので
買ってきてみた。


IMGP5490.jpg
盛岡ドミニカン修道院特製の味。
ニックナック。

ベルギークッキーのようだ。


IMGP5491.jpg
材料はクッキーによくあるものが使われている。


IMGP5492.jpg
このワッフルのような形が気になる。
結構厚め。

中に入っている説明書きによると
***
1963年、盛岡にやって来た
6人のベルギー人修道女たちが、
祈りのかたわら、お菓子作りを始めました。
その焼き菓子は「ドミニカンクッキー」として
盛岡の人々に親しまれるようになりました。

2005年、製造と販売の日々を終えた
「盛岡ドミニカン修道院」の思いと働きを
2007年「あすなろ園」が引継ぎました。
懐かしい「ニックナック」の味を
どうぞそのままご賞味ください。
***
とのこと。

どうやら、
修道院が高齢化の理由で作るを辞めてしまったらしい。
それをあすなろ園が修道院から指導してもらって
4年の歳月を得て、当時の味を復活。
2007年に引き継ぎ、約4年かけて、2011年に発売。

このベルギークッキー、ニックナックは
ドミニコ会の宣教を行ったところに、
お菓子も伝わっているようだ。
香川のドミニコ会 神の母マリア修道院でも
ニックナックは作られている。
どうやら、そちらのほうが有名みたいで、
そちらのニックナックは全国区で東京でも売られている。
けれど、じつは
香川の修道院にニックナックを伝えたのは
盛岡の修道女たち。
つまり、流れはこう。

ドミニコ会の日本での宣教は1602年。
 ↓
30数年でいったん終止符。
 ↓
再開されたのは1904(明治37)年。
 ↓
1931(昭和6)年、聖ドミニコのローマ女子修道会が仙台に修道院を設立。
 ↓
1936年、ドミニカン修道女会のベルギー人修女6人が
盛岡の内丸教会の一角に女子観想修道院を仮開設。
 ↓
1939年、現緑が丘4丁目に移転。
 ↓
 ↓  (たぶん、このあたりで修道女が香川県に派遣。8名らしい。)
 ↓  (1971年に香川にドミニコ会 神の母マリア修道院が造られている。)
 ↓
1987年、上田字松屋敷のダム湖畔に移転。
現在に至る。
(出典:盛岡タイムス〈盛岡百景〉71 盛岡ドミニカン修道院

つまり、
ドミニカンクッキーと言われる
ニックナックやガレットは、
日本では盛岡発と言ってもいいのかもしれない。

ちなみに
盛岡のニックナックと
香川のニックナックの材料を見てみると
微妙に違ったりするので
味もちょっと違うのかもしれない。

味はほんとシンプル、素朴な味。
カタイとまではいかないけれど、
ボリボリとしたちょいカタメ食感で
しつこくなく、飽きのこない味で
バランスの取れていて、
甘さもひかえられている。
6枚入りで350円。

ニックナックのほかに
ガレットもあるらしいけれど
こちらはカワトクで売っているらしい。
カワトクのウェブサイトではカワトクが復活させたらしいことが
書かれてあったので
たぶん、カワトクでしか売っていないのかもしれない。

ニックナックはもう一度食べてみたいし、
ガレットも試してみたい。

ごちそうさまでした。


グーグルマップ(マイマップ):籠り部屋からの拾い価値→http://g.co/maps/azjzq

らら・いわて
〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-3-6 農林会館1F
TEL 019-626-8178 FAX 019-654-1843
営業時間/10:00~18:30 
定休日/毎月第2水曜日

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。