スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生麩との初出会い、滝沢村、(休業?)和楽庵。

10月1日。
この日は
馬っこパークで行われる
岩手山山麓工房フェスタへ向かう前に
お昼ごはんを食べていくことにした。
このイベントでも食べ物系が出店していたりするので
お昼ごはんを食べていかなくてもいいんだけれども
新たなお店開拓のため
行く途中にあるお店に行くことにした。


IMGP5454.jpg
ちょっと前から気になりつつも
記憶の片隅に閉まっておいていたお店。


IMGP5453.jpg
住宅街の中へ入っていくと、


IMGP5452.jpg
日本庭園が見える着物屋さんへと到着する。
ここの着物屋さんでは食べ物も出している。

手入れがされている庭園の横を通り、
飛石の上を歩き、のれんをくぐる。
玄関で靴を脱ぎ、
お店の人に案内されてお店の中へ。
12時ごろでまだあまりお客さんが来ていないようで
予約席の6人くらい座れるテーブルが奥にあり、
座敷席があり、窓際の2人用テーブルがあり、
店内を見て迷いつつ
やはり、庭が見える席がいいと思い、
窓際の一番庭が見える席にすわる。
外側からも見える位置で
お客さんが飛石を歩いてくると
私が食べている姿が見えるポジションではあるけれど
気にせず、
それよりも、庭を見ておこう、という気持ちのほうが強く。

お茶を出されメニューを見る。
ここでは抹茶そばを出したり、生麩料理を出したりするお店らしく、
生麩はまだ一度も食べたことがなかったので
抹茶そばと生麩が食べられるセットを注文して待つ。
にしんそばも食べてみたかったけれど、
生麩が食べられるセットを選択した。

店内には次々とお客さがやってきて、
予約席以外満席となる。
年齢層は高めで
半分以上がじっちゃんばっちゃんという構成。

出てきた抹茶そばと生麩のセット。
生麩は3種類あり、
それぞれ串に刺さり、上に味噌が塗ってある。
抹茶そばの上にも生麩らしきものが2枚のってあった。

生麩。
初めて食べたので
この生麩が生麩の世界において
どの位置にいるものかわからないけれど
初めての食感だった。
安易にマシュマロの感覚と言ってしまいそうだけれども
ふわっとしていてやわらかいけれど
マシュマロにあらず、
すこし粘り気のある食感もあるけれど
餅のようにしつこさはなく、
つるっと感もあり、
似たような食べ物はあるけれど、
どれにも所属することなく、
生麩でないと味わえない食感となっていた。

注文をするときに
抹茶そばの汁について聞かれ、
味のうすい関西風、こい関東風ときかれ
うすいほうを注文したけれど
実際に食べてみると
薄いわけではなく、これでも十分な濃さだった。
確かにちょっと色は薄いけれど
ダシの味がきちんとわかり
しっかりとした濃さだった。
関西のほうで実際に食べたことがないので
これが関西の濃さなのかはわからない。

豆腐のシュウマイを食べて
食後のコーヒー。
こちらはよくあるコーヒーマシンのコーヒーで
こういうお店に来たのだから
お茶にするんだった、と少し後悔する。

ここのつまようじの先には緑っぽい色が塗ってあって
なにかと思って使ってみたら
スースーする。
シトラス系のものが塗ってあるようだった。

このお店はカフェメニューがいろいろあり、
夏はかき氷らしきものも出していて
じゃあ、来年の夏試してみようと思いながら
食後、メニューを見ながら思う。
ここには抹茶を使ったパフェ、あんみつ、おしるこなど
和っぽいデザートがならび、
パフェなんていつから食べていないだろう、
と記憶を旅するも
子供のころ以来だということを知り、
よし、次はパフェ食べにこよう、と
決意を胸にお会計。980円。

入口近くには雑貨類が置いてあって
足袋風の靴下なんかが売ってあった。

生麩を初めて食べることができました。
ごちそうさまでした。

グーグルマップ(マイマップ):籠り部屋からの拾い価値→http://g.co/maps/4mmvy

(休業?)
京茶房・和カフェ 和楽庵
http://www.alice-w.com/sta12932/index.html
019-687-6700
岩手郡滝沢村滝沢字土沢310-28(株式会社亜利寿和楽館内)
11:00~18:00
定休日 火曜日


検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。