スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さくても頼もしい棕櫚亀の子たわし、盛岡市紺屋町、ござ九。

七夕及び周辺→東屋→ダンディライアンの日。
帰りにござ九へよる。


IMGP5227.jpg
以前に買った南部鉄器のフライパン(正確にはオムレットパン)。
これを洗うときは基本、洗剤を使わずに洗うんだけれども
フライパン専用の亀の子たわしがほしかった。


IMGP5228.jpg
ちょっと薄暗い店内には
ざる、かごなどが並べてあって、
昔ながらの生活雑貨屋さん。

たわしはお店入口のところにあって
シンプルなものからカラフルなたわし、四角いたわしなどあった。


IMGP5236.jpg
300円くらいで小さな亀の子たわしを買う。
縦の長さが7センチ弱。


IMGP5237.jpg
シュロチビッコP。

亀の子たわしのほとんどはヤシを原料としたものなんだけれども
棕櫚(しゅろ)を使ったものが一種類だけ売っていた。

棕櫚のたわしはパームヤシと違って繊維がやわらかい。
本来、高級たわしなんかに使われていて値段はパームヤシよりも高めなんだけれども
これはそうでもなかった。


IMGP5238.jpg
包装を取って


IMGP5239.jpg
小さな亀の子。
亀の子たわしは水切りが良くてきちんと汚れを落としてくれる。
フライパンを使った日は
お湯出して、このたわしでゴシゴシと洗って
火にかけて水分飛ばし
少し油を入れてなじませて
キッチンペーパーで拭きとって。

使った亀の子たわしは水を切っていつもの場所へ。

小さくても頼もしいやつです。


ござ九
http://morioka539.com/
検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。