スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素朴なやわらかさ、雫石町(産直松の実前)、雫石窯。

7月の松ぼっくりでジェラートを食べ終わったあと。

隣の産直松の実で
スピナッチ(ほうれんそうの小さいやつだった)、ズッキーニ、トマト、きゅうりを買って
買い物袋に入れて


IMGP5167.jpg
産直前でお店を開いていた
雫石窯。
軽トラ市でも見かけたけれど
その時はちょっと見ただけで何も買わなかった。

だれも開いたお店には立ち止まる人はいなかったけれど、
器を手に取ってあれこれ見ていると、
家族連れだったり、アイスを食べていた人だったりが
よってきて、中には買っていく人もいた。

人が来ないときは
ろくろをつかって器を作っていて
横には出来上がったものがならんでいた。
その作業をめずらしそうに女の子がチラチラのぞいている。

台の前に箱があってワンコインセールをやっていて
ちょっとうまくいかなかったアウトレット品を売っていた。
色が悪かったり、形がちょっとよくなかったり、
そういったものを500円で売っていた。
私にはそういった自分の意図から外れた
いびつ、と言われている形のほうが興味があったので
その中を器たちを手にとって触ったり、角度を変えてみたりした。

おっちゃんいわく、
窯の真ん中は火力が強く色もいいけれど
端っこは焼きあがりがいまいちのようで
温度によって器の色が違ってくるのも面白い。


IMGP5171.jpg
そのワンコインの中からひとつ買ってきた。
こうやって見てみると
きちんと丸の形をしている。
持ち手をつけるときにその重みで円が楕円になるのもあるようだけれども
これはそれとは違うようだ。


IMGP5172.jpg
素朴な色合い、形。
案外、素朴な器ってなかなか売っていないもの。
たいがいはデザインしたがるもの。


IMGP5173.jpg
たぶん、ワンコインになった理由は色なんだろう。
おっちゃんの器はもうちょっと白っぽい。
けれど、これはこれで嫌いじゃない。

素朴さとやわらかさ、デザインが尖っていないところは
おっちゃんの人柄が表れていると思う。

大切に使おうと思う。

(行った曜日は土曜日です。)


雫石窯-大西完治
まがり屋.net
http://www.magariya.net/makers/shizukuishigama/




検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。