スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛や虐待も受け継がれる 第0回、購入:ネットオフ、ドロシー・ロー・ノルト レイチャル・ハリス(石井千春訳):子どもが育つ魔法の言葉。

魔法の言葉


第0回
はじめに


ドロシー・ロー・ノルトと言えば
あの詩が有名です。
わかりやすく、
何度繰り返し読んでみても
読み飽きるということがなく、
すんなりと心に入っていく言葉です。
子どもに対する接し方が
子どもの成長に大きく影響してしまうことを
教えてくれます。


私は親ではありません。
ですから、
親の立場で書くことはできません。
親とは違う立場ではありますが、
心にしみこんでいくこの言葉は
親ではない立場でも
考えさせられる言葉です。
誰しもが
子どもは経験していますので、
思い出しながら
考えることができます。


子どもにとって
親や家庭は
生まれて最初の環境であり、
大きな影響を与えます。


ですから、
子ども時代が
いかに大切か、ということが
わかります。


それが生涯にわたって
影響を与えることになります。


この本は
世界でベストセラーになり
子育てのバイブルとまで
言われているようです。


たぶん、
この本の内容を
すべて対応できる親など
世界でも一握りでしょう。


だから、
この本はベストセラーに
なったのだと
考えています。
みんなが
当たり前のように
できたのならば
この本は
ベストセラーにはならないでしょう。


ですから、
この本の内容を読んで
そのように対応できないからといって
悲観することはありません。
みなさんがそうですから。


この本を読んで
子どもに対する愛を
呼び起こしてくれるものと
私は信じ、
感想文を書いていきます。



「子は親の鏡」

けなされて育つと、
子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、
子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、
子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、
子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、
引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨(うらや)んでばかりいると、
子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、
子どもも「自分は悪い子なんだ」
と思ってしまう

励ましてあげれば、
子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、
キレる子にはならない

誉めてあげれば、
子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、
子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、
子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、
子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、
子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、
子どもは、正直であることの
大切さを知る

子どもに公平であれば、
子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、
子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、
子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中は
いいところだと思えるようになる

(子どもが育つ魔法の言葉 P4-5)


ドロシー・ロー・ノルト(1924-2005)は
40年以上家庭教育のコンサルタントを
されていたかたです。


この詩を書いたのは
1954年だそうです。
その後、時代に合わせて
詩の内容は変化していきます。


アメリカでは
1950年代は子育ては
厳しく叱ることが
親の役目だったようですが、
子どもを導くことなのだと
考える人は少なかったと
言います。


子どもは
親を手本にして育つ、
と書かれています。


子どもは
常に親を見ている、
観察しています。


無意識にその親の姿から
さまざまなことを知るのです。
良いことも、悪いことも。


悪いところを
取り繕っても
子どもは見抜きます。
隠すのは逆効果です。



『親は、
子どもにとって、
人生で最初に出会う、
最も影響力のある
「手本」なのです。
子どもは、
毎日の生活のなかでの
親の姿や生き方から、
よいことも悪いことも
すべて吸収してしまいます。
口で何かを教え込もうとしても
ダメなのです。
親がどんなふうに
喜怒哀楽を表すのか、
どんなふうに人と接しているか。
その親の姿が、
手本として、
子どもに生涯影響力を
持ちつづけることになるのです』
(子どもが育つ魔法の言葉 P12)


つづく。



【出典・参考】
子どもが育つ魔法の言葉
ドロシー・ロー・ノルト
レイチャル・ハリス
石井千春訳
PHP文庫



【購入先】
ネットオフ



愛や虐待も受け継がれる 第1回

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。