スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べた感のあるパンたち、盛岡市菜園、穀。

場所が少し変わっただけで
ずいぶんと違うものです。
川徳のついでに、と
パン屋さんへまた行きました。


前を歩いていた50代くらいの夫婦が
立ち止まって
パン屋さんの入口に立てかけてある
メニューが書かれたボードを
見ておりました。
どうやら、


(こんなところにパン屋さんが・・・)


ということを
立ち止まって話しているような
雰囲気です。


その視線を横切って
お店の中に入りました。


訪れたのは
土曜日、
13時近くだったかもしれません。


お店の右側はカフェスペースで
椅子やテーブルが並べられているのですが
ほぼ埋まっている状態で
前回伺った時とは違った雰囲気です。


前回は、
開店したての時間で
パンを買う人がほとんどで
その人たちで列が出来ておりました。
カフェスペースは
利用されておりませんでしたが、
今回はカフェスペースを利用されている
お客さんのほうが多い感じで
そうしますと
お店もにぎやかな雰囲気になります。
家族連れや女性のかたが
ほとんどだったような気がしましたが、
(前回買った時も列に並んでいたお客さんも
そのような感じだったのですが)
そういった人の集まりがありますと
どこか落ち着いた雰囲気になるものです。
休日だったからなのかもしれません。
ゆっくりとされている
女性のお客さんが中心で
そのゆったりとした雰囲気が
お店全体に広がっておりました。


IMGP1146.jpg


今回は
前回購入していないパンを
選んでまいりました。
前回のときよりも
並んでいるパンの種類が
変わっているようです。
曜日などによって
変えているのでしょうか。
それとも時間帯によって
変わるのでしょうか。
チョコを使ったものが
目立ちました。


一つ目は
小さなフランスパンのようなものに
バターがはさんであるだけの
シンプルなパンです。
けれど、これが結構はまりました。


バターに手を加えているのでしょうか。
そこはよくわからないのですが
ちょっと塩気が強く感じました。
バターの味と
ちょっと強めの塩気と
ハード系のパンを
噛みしめるのは
素直に味わえる組み合わせで
噛む楽しみがあります。


IMGP1149.jpg


くるみのクロッカン
というもので
ネットで「クロッカン」を調べてみますと
フランス語で
カリカリとした
心地よい歯ごたえ
という意味だそうです。


くるみとクロワッサン生地を
キャラメルコーティングした食べ物で
私から見ると焼き菓子っぽい感じに
見えるのですが
どうやら、フランスではパンの部類に
入るようです。
菓子パンでしょうか。


食べてみますと
クルミとクロワッサン生地
二つの食感が楽しいです。
カリッとしたクルミ
ザクっとしたクロワッサン。
それらをキャラメルが
しっかりとまとめています。


IMGP1148.jpg


くるみとドライフルーツのパンです。
どっさりとクルミとドライフルーツが
入っております。
ドライフルーツはカレンツでしょうか。
どっさりと入った
くるみとカレンツに
しっかりとしたハード系の生地。
食べ応え十分のパンです。
食べやすい大きさに切り分けるのも
よいのですが、
私はかぶりついております。
かぶりついたあと、
その断面を見て
ぎっしりと入った具を見て
(おおっ)と思うのです。
こういったパンを
食べていると
このパン屋さんらしい
充実した食べた感が
あるのです。


ごちそうさまでした。




盛岡市菜園1-6-9菱和第10ビル1-A
019-623-2702
9:00-18:00
定休日:日、第3月
http://moriokakoku.blog.fc2.com/



グーグルマップ:籠り部屋からの拾い価値

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。