スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物のことを子どもに教えよう、Eテレ:スーパープレゼンテーション、Jamie Oliver(ジェイミー・オリバー)。

食べ物のことを子どもに教えよう
(Teach every child about food)


スーパープレゼンテーションとは
TEDで行われたプレゼンを
紹介してくれる番組です。


TEDとは
伝えたいと思うこと、
世界に向けて伝えなければならない、と
思う価値のあることを
プレゼンテーションで
伝えるイベントです。


今回のプレゼンターは
ジェイミー・オリバー。
イギリスのシェフです。


NHK教育(Eテレ)地球ドラマチックでも
時々、放送され、彼を姿を見ることができます。
イギリスをキャンピングカーで旅しながら
イギリス料理のおいしさを
伝えています。
イギリス料理=おいしくない
というイメージを払拭しようと
各地をまわり、料理を作るのですが
実に楽しそうに作るのです。
そして、おいしそうに食べます。


彼のレシピ本は各国で翻訳もされ
ベストセラーのようです。


日本でいうならば
料理研究家の栗原はるみさんと
同じようなお仕事かもしれません。


今回、TEDでプレゼンをするのは
食育のことについてです。
肥満大国となっているアメリカの現状、
それが寿命を縮めることになっていることを
熱く、息切れするくらい
激しくプレゼンします。


4人の子どもの父親でもあります。
彼はこう言います。


僕ら大人は
ここ4世代にわたって
子どもの寿命を
どんどん縮めてきているんです。
皆さんの子どもは
皆さんより寿命が10年短い。
原因は与えている食べ物。


人々は殺人事件が怖い怖いと
よく言いますけれど
殺人は死因ランキングの一番下
上位の死因は
どれも食生活と関係がある病気
今、アメリカでは食事関連の病気で
死ぬ人が一番多い。


アメリカの総医療費の10%は肥満関連
肥満、食事関連の病気は
本人だけじゃなくて
周りの人も傷つけます。


とアメリカのある家族を例に
話します。
余命6年と医師から宣告された
肥満の子どもや
家族全員が肥満の家庭を
彼の友人であることを
前置きしたうえで
話しておりました。


病気以外での肥満は
料理を提供する親の影響が大きいのです。
今回のプレゼンで
例として挙げられた
その親は料理を知らず、
ファストフードが主な食事です。
その影響を受けた子どもたちは
肥満となっていました。


「周りの人も傷つけます」
と言ったのは
家族全体に影響があるためです。
家族の中で連鎖が起こっています。
料理を作らず
あるいは手料理を食べずに
育った子どもは
大人になっても料理することなく
親になっても同じようなことを
繰り返すでしょう。


アメリカの死因ランキングのデータでも
明確になっているように
肥満で死ぬんです。
その人たちの棺桶は
倍の大きさで
フォークリフトでないと
持ちあげることができないと言います。


彼をこう話を続けます。


食文化は
家庭
学校

の3つからなっていますが、
この30年
何がそれをダメにしてきたか
答えは現代的な生活



ファーストフードだらけです。
大手はアメリカ有数の大企業です。
スーパーも同じ大企業
30年前は地元産の新鮮な食材が多かったのに
今は加工された
添加物ガンガンの食品ばかり
食品サイズも大きな問題
食品表示も大問題
アメリカの食品表示はヒドイ
売る側にとって
都合のいい言い方
ダメでしょ
糖分たっぷりのものを
低脂肪と言うとか


彼の話しを聞いていると
確かにヒドイ、と思っていたのですが
日本でも食品表示の問題はいろいろとあります。
結局、売る側の都合で
法律の範囲内であれば
都合良く見せることができます。


最近の私の身近な話ですが
日本の食品の表示で
「栄養機能食品」
というものがあります。
これは
トクホ(特定保健用食品)
とは別のもので
消費者庁長官の許可を得ることなく
表示のルールを守れば
表示できます。


栄養機能食品も
特定保険用食品も
保健機能食品制度として
平成13年に制度化されたものです。
食品の選択ができるよう
適切な情報提供をすることが目的
とされております。


栄養機能食品は
1日に必要な栄養成分を
取れない場合に、
その補給補完のために
利用するものとされています。


食品のパッケージには
栄養機能食品(ビタミン○)と
記載されています。
この食品をとることで
一日の必要な摂取量を満たすこと
できるというものです。


買う側とすれば
健康によさそうだと思い買うわけです。
私はある飲み物を
毎日飲むようになったのですが、
(期間にして1~2カ月)
体が疲れやすくなったわけです。


どうしてだろうと思って
原材料名を見てみますと
先頭にぶどう糖果糖液糖が記載され、
(原材料で
一番多く含まれているということ)
香料や甘味料の添加物が
入っており
栄養といっしょに
糖分や添加物もいっしょに
摂取していたのでは
本末転倒ではないか、と思い、
その飲み物を
流し台に勢いよく
ぶちまけるのでした。


糖分の取りすぎは
体を疲れやすくしてしまうし
きれやすくもなります。
集中力ややる気の低下など
だらけてしまう根源でもあります。
甘党としては
そのあたりも
意識しなければならないのですが
うかつでした。


最近、集中力ややる気が低下していて
うつっぽい感じがしていたのですが、
糖分の取りすぎが原因だったのかもしれません。
継続的な糖分摂取は依存しますので
危険です。
飲むのをやめてからは
そういった症状はなくなりました。


糖分摂取の機会は
おいしいお菓子のために
とっておきたい、と
誓うのでした。


その飲み物が
栄養機能食品でなく
嗜好品であれば
まだ問題はないわけです。
けれど、
健康な食品のイメージで
売りだされていることに
誤解が生まれます。


ジェイミー・オリバーの
プレゼンを見ながら
他国のことのように見ておりましたが
糖分たっぷりなものを
低脂肪と表示して
売りだしているアメリカの食品を
笑うことはできません。
そのような考え方は
日本でもあるわけです。


彼は食文化をダメにしてきた理由を続けます。


家庭
家庭内での食文化の伝承が
もう行われていないこと
生活様式が絶えず変化していく中
広い視野でよく考えるべきなのだ
それを30年怠ってきた


学校
学校は時代に適応できていない
健康問題への取り組みが行われていない


(学校給食に関して)
彼女らが(給食のおばさんたち)悪いわけではなく
彼女らへの指示が間違っているわけ
指示を出すのは食に関する知識のない
会計士のような連中
食には詳しくない
予算はどんどん減ってきている
工夫して改善したりできない
唯一できるのは安くて悪いものを
仕入れること


食に関する教育が行われていない
学校での食育が義務化されていない


ここで映像が流されます。
小学校で食材をみせて
これがどんな野菜か質問する映像が流れるのですが
だれもがその野菜の名前を知らないのです。
じゃがいも、なす、トマト
その姿を見て答えることのできない子どもたち。


昔、魚が
切り身の姿で泳いでいると思っていた
小学生の話しを
笑い話のように聞いていたのを
思い出しますが、
珍しくもない野菜を答えられない
子どもたちを見ると
笑い話では済まされません。
何か人間としての
危機感みたいなものを感じます。


この映像を見せたあと


「知らないものは食べない」


と彼が言っていたのが印象に残ります。


アメリカでは
牛乳にも砂糖が入っていて
それは学校給食で毎日飲まれます。
5年間換算した量を
プレゼン会場の床にぶちまけて
牛乳だけでこれだけ
砂糖を摂取していると
見せておりました。
一輪の手押し車を満たした量です。


「糖分は何の食品にも入っている」


といい、


「児童虐待だ」


と言っておりました。


ファストフード業界についても話されていて
糖分、塩分、脂肪分
これらに依存させるやり方だ、と
言っておりました。


アメリカのファストフードは安く
いたるところにあって
簡単に手に入り
1食分の量も多いようです。


他の番組で知ったことですが
肥満で差別してはいけない法律が
全てではありませんが、
アメリカの州ではあって、
肥満者保護されている地域が
あるとのことです。


ジェイミー・オリバー自身も
食育に力を入れていますが
日本ではどうでしょうか。


食育の活動は
行われてはいますが
それが日常の中にあるかというと
そこまで浸透は
していないように見えます。


何を食べるかによって
人生は大きく左右される。
それは自分の意識してないところで
大きく影響を及ぼしいるようです。


食べ物の選択を
より意識するようになりました。
それは
脳や体に大きく影響し
意思思考、集中力、
継続力、体調に影響します。
普段の生活に
大きく影響するということです。


健康ばかりに気をとられ
ストレスになるのも問題ですが、
出来る範囲で
食べ物を意識しようと思います。
料理ももう少し丁寧に
そして、楽しんで
していこうと思いました。



【参考・出典】
スーパープレゼンテーション 2014/4/23放送
Jamie Oliver(ジェイミー・オリバー)
Teach every child about food
「食べ物のことを子どもに教えよう」
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140423.html



スーパープレゼンテーション
NHK教育(Eテレ)
水 22:00-22:25(春から放送時間変わりました。)
再放送 水6:00- 日深夜0:45-
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/



TED
ジェイミー・オリバー(動画)

検索フォーム
カテゴリリスト

各アイコンの説明。

カテゴリオープン
カテゴリクローズ
個別カテゴリ
全カテゴリオープン
全カテゴリクローズ

  • plus
  • minus
プロフィール

ウシポニ

Author:ウシポニ

岩手県盛岡市在住。もりおかの中から感じたことを書いております。個人的なブログです。【このブログについて】

お知らせ、メモなど
  • 感想文の更新は終了いたしました。ブログの更新も2016年6月をもって終了いたしました。今後の更新はございません。今までありがとうございました。
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。